*

女子野球選手はワールドカップ4連覇を狙う!

公開日: : 侍ジャパン

 IBAF女子野球ワールドカップ大会が9月1日から宮崎県で行われる。この大会には、日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ベネズエラ、香港、チャイニーズタイペイ、オランダの8か国が参加するが、日本代表はここまで3連覇中で、WBCで2度の優勝を誇る侍ジャパン同様、世界の野球を引っ張っている。

女子野球の歴史

 女子野球は高校などに女子のチームが存在したことがあったが、1948年に東京ブルーバードが日本初の女子のプロ野球チームとして発足、連盟が発足しリーグ戦が行われたものの、1967年を最後にリーグ戦は行われず、連盟も消滅した。

 しかし1986年に全国大学女子軟式野球連盟、1987年に女子軟式野球連盟が発足すると、1997年には全国高校女子硬式野球連盟が発足したい1回大会が行われた。2002年にはそれらを統括する形で日本女子野球協会が発足し、高校や大学などが混在してのリーグ戦やトーナメントの大会が行われている。

 2004年には国際機関であるIBAFの第1回女子ワールドカップ大会が行われ日本はアメリカに次いで準優勝、第2回大会もアメリカに敗れ準優勝となった。そして2008年の第3回大会(松山)で初優勝を果たすと、2010年(カラカス・マラカイ)大会、2012年(エドモントン)大会でも優勝し3連覇をしている。

 1986年から20年足らずで世界一まで上り詰めた。

 

野球を続ける大変さ

 女子が野球を続けるのは多少の困難があるのも事実だ。埼玉県川口市の野球塾(ゼロベースボールアカデミー)にも女子選手が何人か練習に参加し、元プロ野球のコーチから指導を受けている。動きも良く強い球を投げており、コーチも男子と変わることなく指導をしているのが印象的だ。

 しかし小学校6年生になると、本人も親も野球を続けるのか悩むという。男子は中学生になると体が一気に出来てきて、投球も打球も速くなり一気にレベルがあがる。そして女子のチームはそれほど数は多くない。「本人は野球を続けたい言っているが実際には・・・」と困っている親もいるという。

 男子は少年野球チームから高校、大学へ推薦で進学していく道が数多くあるが、女子はそれほど枠が多いわけではない。

 

世界は広がる

 それでも女子野球は確実に広がっていると思う。現在行われているリトルリーグワールドシリーズで、13歳のモネ・デイビス選手は女子選手だが70マイル(約112キロ)の速球と鋭い変化球で3安打完封勝利を挙げた。ワールドカップなどでいずれ日本と対戦する事があるだろう。

(Youtube: 「Mo’Ne Davis Pitches Complete Game LLWS Mid-Atlantic Final」より)

 

 まだ決して恵まれた環境ではな女子野球の世界だが、4連覇を目指す侍ジャパン女子代表や、大学、高校でプレーする選手たち、そして小学生、中学生でプレーする選手たちの力は、決して小さくない。

 オリンピックの野球の復帰を目指して女子種目の申請もしているという。20年でここまで来た。2020年の東京オリンピックの時にはどうなっているだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日本の野球は、東京五輪で繋がっていく

 先日、侍ジャパンの大学代表チームと、U18(高校生)代表チームの壮行試合が発表された。今年は大学生

記事を読む

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

右投げ左打ちの外野手

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手とい

記事を読む

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

侍ジャパン、各代表で世界一は1つのみ、課題と来年に向けて

 昨年、侍ジャパンとして統一された日本野球の各世代の代表、今年は8つの各世代などの代表が、すべて国際

記事を読む

2016年の日本の野球は?

2016年の日本の野球について、国際大会の動きなどを中心に紹介する。 高校野球 高校野球は国内の

記事を読む

侍ジャパン、次に向けて

プレミア12を戦った侍ジャパンは、準決勝で韓国に逆転負けして姿を消した。前回のWBCと同じ準決勝での

記事を読む

保護された中での走塁

 侍ジャパンU18代表は、今年も優勝をすることができなかった。キューバ、韓国、オーストラリアなどには

記事を読む

東京オリンピックまであと5年、野球の国際化も加速

 2015年を迎え、東京オリンピックまであと5年という事になった。東京オリンピックでの野球・ソフトボ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑