*

夏の高校野球出場校の宿舎マップを作ってみた

公開日: : 高校野球

 夏の高校野球甲子園大会は明日から始まります。甲子園出場校の宿舎は毎年公表されています。そのマップをGooglemapで作成してみました。

49校の宿舎マップ

 公表されている宿舎で地図を作ってみました。

 

甲子園最寄りは二松学舎大付

 甲子園に最も近い所に宿舎を構えたのは、東東京代表二松学舎大付でした。二松学舎大付は夏は東東京大会の決勝に10回出場しながらも、帝京高校などの壁を破れていませんでしたが、今年は11度目で夏初出場を手にしました。

 遠かった甲子園への想いからか、甲子園にもっとも近い場所になったのでしょうか。

 ちなみに鹿児島代表の鹿屋中央高校も甲子園からは国道43号を渡った甲子園駅の近くに宿舎を構えました。

 

宿舎が多い場所は

 もっと甲子園に近い場所、または練習グラウンドの確保がしやすい場所が多いかと思いましたが、新大阪駅近く(南方駅も含む)が10校(関西、角館、近江、佐賀北、東海大相模、智弁学園、東邦、敦賀気比、広陵、作新学院)と多いようです。OBや関係者が応援に多く訪れるかもしれないので、その辺を配慮しているのでしょうか。

 後は大阪城公園から中之島周辺の川沿いにも、聖光学院や日南学園、市和歌山高校、日本文理、開星、山形中央、東海大望洋、健大高崎などが宿泊しています。

 

同じ宿舎には

 同じ宿舎になっている高校もあります。武修館と東海大四の北海道2校は大阪空港前の「グリーンリッチホテル大阪空港前」を宿舎にしています。関係者が飛行機で来る人が多いから、着やすい場所にしているのでしょうか。

 また盛岡大付と坂出商業は神戸駅近くの「チサンホテル神戸」に、近江と佐賀北が「チサンホテル新大阪」、智弁学園と関西が「ニューオーサカホテル」山形中央と東海大望洋が「大阪キャッスルホテル」、聖光学院と日南学園が「HOTEL NCB」に宿泊しています。

 とりあえず初戦での対戦はありませんでしたが、どちらが長く宿舎にいられるか競争ですね。

 

ビジネスホテル

 昔は高校球児の宿舎というと、畳で全員で寝るような旅館的なものをイメージしましたが、現在はアパホテル、チサンホテル、スーパーホテルなどビジネスホテルが多いようです。これも時代なのでしょう。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

no image

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてき

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

公立高校の夏は激アツ!?

 夏の高校野球の興味の一つに、公立高校と私立高校の戦いというものがあります。私立高校では県外から選手

記事を読む

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

野球と自分の実力の評価

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大

記事を読む

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑