*

都市対抗橋戸賞の西濃運輸・佐伯尚治投手、プロが獲る可能性はあると元スカウトが評価

公開日: : 社会人野球

 今年の都市対抗は大垣市の西濃運輸が優勝した。決勝の富士重工戦で完封した佐伯尚治投手は31歳のベテランだが、元プロスカウトの日野茂氏に評価をお願いした。

社会人9年目のベテラン

 佐伯尚治投手は社会人9年目、九産大九州から九産大を経て西濃運輸に入社している。大学時代から130キロ台のストレートで好投を続け大学4年秋には福岡六大学リーグの最優秀投手賞に輝いた。ドラフト候補として名前も挙がっていたが西濃運輸に入り、そこから9年間プレーしてきた。

 そして今年、チームは優勝し佐伯投手は橋戸賞を獲得した。長年の努力が実を結んだ。

 

31歳でもプロが獲る可能性あり

 今年で31歳となる佐伯投手、ドラフト会議で指名されればおそらく最高年齢になる。普通ならば年齢を考えると指名は難しいと考えるが、元西武のスカウトだった日野茂氏は「この投げ方でプロで5年はできると判断すれば獲る」と話した。

 例えば高校生や大学生を獲っても5年間で戦力外になる選手はいる。そう考えると、31歳から36歳まで5年間プレーし即戦力でやれるならば、一緒かそれ以上と考えるそうだ。

 

 そのコメントをもらう前に佐伯選手の映像を見てもらい、フォームなどのチェックをしてもらった。日野氏は「ひじの位置が良く、見づらいフォームになっている」と話した。ひじの位置が肩よりも上に上がらない点をチェックしていた。

 そして、「左バッターのほうが打ちづらいフォーム」ではないかと指摘した。通常は右ピッチャーに対しては左バッターのほうが良いとされ、プロ野球でも右ピッチャーに対して左の代打を送ったりする。しかし佐伯投手は腕の見づらさがポイントで、しかもややインステップして投げるため「左バッターだと完全に腕が隠れて見えるのではないか」と話した。

 そして、元のフォームは分からないが、社会人の長い経験で磨かれたフォームなのだろうと感想を話した。

 ストレートの威力で勝負する投手は年齢が増えると力は徐々に衰える事が多い。しかし佐伯投手はストレートは130キロ前半でありコントロールとフォームで勝負する投手である。従って今からプロに入っても5年間はプレーできるのではないかと日野氏は考えている。そして、31歳でも獲る可能性があると評価した。

 

 最近はプロに入ったが戦力外となり、元の社会人チームに戻ってプレーする事もできるようになったし、アマチュアの指導者の資格を回復することもできる。可能性のある選手はプロに挑戦する環境が整ってきているといえ、今後、佐伯投手のようなベテラン投手や特徴のある選手がプロに挑戦する機会は増えるのではないかと思う。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【ドラフト会議特集8】ドラフト上位候補に挙がる社会人投手の評価は?

 ドラフト会議に向けて各球団はスカウト会議などで指名候補を絞り込む。プロ志望届を提出している高校生、

記事を読む

2014年の社会人野球シーンを振り返る

 2014年の高校野球、大学野球を振り返りをしました。今日は2014年の社会人野球シーンを振り返りま

記事を読む

社会人野球選手もつらいよ

 18日から都市対抗野球が開幕する。日本のアマチュア野球といえば、高校野球、大学野球と社会人野球が中

記事を読む

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

野球キャンプイン

社会人野球、人気の合宿地は宮崎、鹿児島そして・・・

 プロ野球のキャンプがいよいよ来週日曜日からスタートするが、社会人野球のチームもおおむね2月に暖かい

記事を読む

この季節の社会人野球

 この季節は社会人野球の大会も盛んに行われています。主に社会人の甲子園である都市対抗野球と、日本一を

記事を読む

社会人野球出身スラッガーは誕生するか

 福岡ソフトバンクで活躍していた松中信彦選手が引退を表明した。松中選手といえばプロでの活躍ももちろん

記事を読む

去りゆく野球選手たち

社会人野球日本選手権も今日、決勝戦となった。今シーズンの社会人の公式戦はこれが最後となり、シーズンオ

記事を読む

都市対抗は今日決勝戦!ベテランの西濃運輸か、若手の富士重工か

 都市対抗野球大会は、本日決勝戦が行われます。都市対抗野球についてのあれこれをまとめました。  ま

記事を読む

社会人野球は危機感を

毎年、日本の野球で最も早い公式戦は、社会人野球のJABA東京スポニチ大会である。今年もあと1か月後の

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑