*

高校野球の応援曲のルーツ~第4回:流行曲~

公開日: : 高校野球

 高校野球応援特集、第4回、今回は流行曲です。

 第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツ、そして第3回はプロレスルーツものをまとめました。そして今回は、ルーツとは言えないと思いますが、高校野球の応援で多い「流行歌、流行曲」を紹介します。これから広まって行く応援曲かもしれません。

応援歌のルーツ ~流行曲~

あまちゃん

 2013年に延岡学園が準優勝しました。そして盛んに演奏されていたのが、「あまちゃん」のオープニング曲です。話題なったドラマという事もあり、毎朝聞いていた曲で親しみを感じる人も多かったでしょう。

 

  「あまちゃん」は2013年4月1日から9月28日まで放映していました。したがって延岡学園など昨年の甲子園で演奏した高校のブラスバンド部は、4か月くらいで応援曲として演奏をしています。すばらしいです。

 ちなみに今年2014年のセンバツ大会では豊川高校など多くの高校で演奏されていたと記憶しています。現在各地で行われている夏の大会でも、何度も耳にする応援曲となりました。昨年からかなりアレンジされ完成度の高い応援曲になっています。

 

女々しくて

 ゴールデンボンバーの「女々しくて」は2009年に発売された曲ですが、2011年ごろからブレイクしました。そして高校野球でも応援曲として使われています。

 

 流行曲はやはり流行りもあれば廃りもあります。その中で流行曲として応援で使われた「Runner(爆風スランプ)」や「パラダイス銀河(光GENJI)」などはいまでも使われ、応援曲として定着した印象です。

 

 ちなみにこの夏に応援曲として登場しそうなのは、アナと雪の女王でおなじみの「レット・イット・ゴー」ということになるでしょうか?

甲子園で演奏する機会は、応援団にとってもブラスバンド部にとってもとっても良い経験となります。甲子園ではスタンドのプレーにも注目してみましょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球100年、審判員も100年

 100年目の高校野球大会が開幕した。第一回全国中等学校優勝野球大会は1915年8月19日~23日に

記事を読む

no image

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてき

記事を読む

高校野球、2014年の夏の甲子園入場者数は歴代5位で斎藤佑樹・田中将大の年を上回る

 2014年夏の高校野球大会は大阪桐蔭が優勝した。今年の夏の甲子園の入場者数は約85万3千人で、これ

記事を読む

東海大相模・小笠原慎之介投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今日は今年の高校生の左腕投手でNO1の声もあがる東海大相模・小笠原慎之介投手を、元西武スカウトの日

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

敦賀気比が初優勝、思いを継いで福井県勢が甲子園初制覇

 選抜高校野球大会は敦賀気比の優勝で幕を閉じた。敦賀気比は、昨年(2014年)の夏にベスト4、201

記事を読む

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑