*

高校野球の応援曲のルーツ~第4回:流行曲~

公開日: : 高校野球

 高校野球応援特集、第4回、今回は流行曲です。

 第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツ、そして第3回はプロレスルーツものをまとめました。そして今回は、ルーツとは言えないと思いますが、高校野球の応援で多い「流行歌、流行曲」を紹介します。これから広まって行く応援曲かもしれません。

応援歌のルーツ ~流行曲~

あまちゃん

 2013年に延岡学園が準優勝しました。そして盛んに演奏されていたのが、「あまちゃん」のオープニング曲です。話題なったドラマという事もあり、毎朝聞いていた曲で親しみを感じる人も多かったでしょう。

 

  「あまちゃん」は2013年4月1日から9月28日まで放映していました。したがって延岡学園など昨年の甲子園で演奏した高校のブラスバンド部は、4か月くらいで応援曲として演奏をしています。すばらしいです。

 ちなみに今年2014年のセンバツ大会では豊川高校など多くの高校で演奏されていたと記憶しています。現在各地で行われている夏の大会でも、何度も耳にする応援曲となりました。昨年からかなりアレンジされ完成度の高い応援曲になっています。

 

女々しくて

 ゴールデンボンバーの「女々しくて」は2009年に発売された曲ですが、2011年ごろからブレイクしました。そして高校野球でも応援曲として使われています。

 

 流行曲はやはり流行りもあれば廃りもあります。その中で流行曲として応援で使われた「Runner(爆風スランプ)」や「パラダイス銀河(光GENJI)」などはいまでも使われ、応援曲として定着した印象です。

 

 ちなみにこの夏に応援曲として登場しそうなのは、アナと雪の女王でおなじみの「レット・イット・ゴー」ということになるでしょうか?

甲子園で演奏する機会は、応援団にとってもブラスバンド部にとってもとっても良い経験となります。甲子園ではスタンドのプレーにも注目してみましょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手

記事を読む

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校す

記事を読む

高校野球は大阪桐蔭が優勝!夏の甲子園の勝率は8割8分、8度出場して4度優勝

 夏の高校野球が大阪桐蔭が優勝した。大阪桐蔭はこれで夏の大会は4度目の優勝で、中京大中京の7度、広島

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?

 高校野球連盟は2014年5月末現在の部員数を発表し、昨年より3224人多い170,312人となった

記事を読む

高校野球選手の進路とトレンド

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まってい

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第3回:プロレス~

高校野球応援特集、第3回です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツの

記事を読む

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑