*

都市対抗は今日決勝戦!ベテランの西濃運輸か、若手の富士重工か

公開日: : 社会人野球

 都市対抗野球大会は、本日決勝戦が行われます。都市対抗野球についてのあれこれをまとめました。

 まず本日の決勝の対戦カードは、西濃運輸vs富士重工となりました。まずは両チームの紹介から。

 

大垣市・西濃運輸の紹介

 大垣市代表の西濃運輸硬式野球部は1960年に創部し1962年には都市対抗に初出場をしています。1994年には決勝に勝ち進んだものの惜しくも準優勝で、これまで33回の都市対抗出場を誇りますが優勝はありません。

 2012年には高橋朋己投手が埼玉西武のドラフト4位指名、小豆畑眞也捕手が阪神にドラフト4位指名され、2013年も藤澤拓斗内野手が中日のドラフト6位でプロ入りを果たし力をつけているものの、都市対抗に関してはここ5年間で出場は1度と、東海地区を突破することが課題でした。

 今年は東海地区2次予選を第一代表で突破すると、その勢いに乗って本戦でも、東芝、三菱重工神戸、東京ガスといった強豪を下し、準決勝では2年連続都市対抗優勝をしていたJX-ENEOSを下して決勝に勝ち上がりました。

 

ベテランをそろえて

 西濃運輸は東海地区で第一代表となったため、敗れたチームから最初に補強選手の獲得ができましたが、そこで球の速い若手投手を補強するのではなく、ベテラン投手をそろえました。

 チームの9年目のベテラン・佐伯尚治投手と、トヨタ自動車から補強選手として加わっている佐竹功年投手の1983年生まれのコンビが先発し、佐伯投手が1完投、佐竹投手が2完投で勝ち上がり、また1戦目ではリリーフで三菱自動車岡崎から補強選手として加わっている宇田川雄一郎投手も登板していますが、こちらも大学卒の社会人6年目のベテランです。

 経験豊富なベテラン投手の力は、社会人野球では欠かせませんが、各チームのベテランと西濃運輸の若手野手で力を合わせ、初の黒獅子旗(優勝旗)を狙います。

 

太田市・富士重工の紹介

 太田市代表の富士重工硬式野球部は1953年に富士重工業の発足とともに創部されました。長い歴史があるものの、都市対抗の出場は25回、1969年に準優勝しているものの、こちらも優勝はありません。

 プロ野球選手はここ5年間は排出していませんでしたが、昨年、東明大貴投手がオリックスにドラフト2位で指名されました。その東明投手を擁して臨んだ昨年秋の日本選手権では決勝では0-1で惜しくも優勝できませんでしたが、準優勝となり実力の高さを見せました。

 

波乱の北関東から出場

 都市対抗大会に出場を目指す北関東ブロックの2次予選は、波乱が起こりました。北関東の3強と言われる富士重工、日立製作所、新日鐵住金鹿島とクラブチームの全足利の4チームで争われた決勝リーグでは、富士重工と新日鐵住金鹿島が全足利に敗れ、全足利が第1代表として本選出場を決めます。日立製作所と新日鐵住金鹿島を下した富士重工が第2代表でなんとか本大会出場を果たしました。

 しかしこれが富士重工に味方をします。2つの強豪が敗れた事から、補強選手として優秀な選手を補強することができます。日立製作所から大学卒1年目のルーキー猿川拓朗投手、新日鐵住金鹿島から高校卒6年目の石崎剛投手などを補強して本大会に臨むと、石崎投手が150キロ近いストレートで好リリーフを見せ、準々決勝では猿川投手、石崎投手のリレーで勝利しました。

 もちろんチームのエースで大学卒1年目の期待のルーキーの小野和博投手も好投し、決勝まで勝ち上がりました。

 

 ともに補強選手をうまく獲得して、チームの選手と一体となって勝ち上がってきました。佐伯、佐竹、宇田川のベテランが味を見せるか、小野、石崎、猿川の若手投手が力で押すか、都市対抗決勝戦は本日18時から東京ドームで行われます。

 今日は天皇皇后両陛下も観戦に来られるということで、天覧試合となります。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

今年の野球はどうなる? その3:社会人野球

   あけましておめでとうございます。昨年からスタートしたProfessional-vi

記事を読む

社会人野球選手もつらいよ

 18日から都市対抗野球が開幕する。日本のアマチュア野球といえば、高校野球、大学野球と社会人野球が中

記事を読む

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

去りゆく野球選手たち

社会人野球日本選手権も今日、決勝戦となった。今シーズンの社会人の公式戦はこれが最後となり、シーズンオ

記事を読む

都市対抗橋戸賞の西濃運輸・佐伯尚治投手、プロが獲る可能性はあると元スカウトが評価

 今年の都市対抗は大垣市の西濃運輸が優勝した。決勝の富士重工戦で完封した佐伯尚治投手は31歳のベテラ

記事を読む

2014年の社会人野球シーンを振り返る

 2014年の高校野球、大学野球を振り返りをしました。今日は2014年の社会人野球シーンを振り返りま

記事を読む

この季節の社会人野球

 この季節は社会人野球の大会も盛んに行われています。主に社会人の甲子園である都市対抗野球と、日本一を

記事を読む

野球キャンプイン

社会人野球、人気の合宿地は宮崎、鹿児島そして・・・

 プロ野球のキャンプがいよいよ来週日曜日からスタートするが、社会人野球のチームもおおむね2月に暖かい

記事を読む

社会人野球出身スラッガーは誕生するか

 福岡ソフトバンクで活躍していた松中信彦選手が引退を表明した。松中選手といえばプロでの活躍ももちろん

記事を読む

社会人野球は危機感を

毎年、日本の野球で最も早い公式戦は、社会人野球のJABA東京スポニチ大会である。今年もあと1か月後の

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑