*

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

公開日: : 最終更新日:2014/07/25 少年野球指導

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカンドの連携の練習をしていましたが、面白いことがありました。

ショートとセカンドの連携

 ノーアウト、1アウトでランナーが1塁にいるとき、ショートゴロが来たら絶好の併殺プレーのチャンスです。ピッチャーは「よし!」と思い、バッターは下をうつむきながらも全力でファーストに向かいます。

 しかし、この併殺プレー、実は

  • ショートが捕球をする
  • セカンドへ送球をする
  • セカンドが送球をとりベースを踏む
  • ファーストへ送球する

と、プロは簡単に処理していますがたくさんのプレーがあり、その一つ一つにミスが発生する可能性があります。

 そうして実際に練習をしてみると、なかなかきれいに併殺プレーが完成することはありません。

 

ミスは全体で発生する

 見られるミスは、ショートが捕球をし損ねたりお手玉をするということもありますが、それよりもセカンドが送球を捕れなかったり、ファーストへの送球がそれたり遅かったりということが多いように思えます。

 そして多くは、ミスにならないミスが多いようです。

 たとえばショートのセカンドへの送球(トス)、なかなかセカンドのベース上にはいきません。そしてセカンドが態勢を崩して落球したり、一塁への送球のバランスが悪くて送球がそれたりしています。

 ショートの小さなミスがセカンドのプレーを影響し、ファーストの送球にさらに大きく影響をしていく、そんな姿が見えました。

ではどうすればよいでしょうか?

 

ショートはキャッチボールの基本、セカンドは待つ姿勢

 ショートはゴロの捕球時の姿勢によってセカンドへの送球が難しい場合もありますが、どんなプレーでもキャッチボールが基本になるとゼロベースボールアカデミーの元プロ野球のコーチは指導をしています。

 特にセカンドに近い位置で捕球した後のトスは、セカンドがファーストに送球することを考え、丁寧に送球することが必要です。

 またセカンドも、送球を待つときの姿勢が気になりました。西武ライオンズで守備の名手としてプレーしていた上田浩明コーチは、ショートからの送球を待つ時に、送球がどこに来ても良いような姿勢をしています。

 しかし少年のプレーを見ると、手を前に出していなかったり、ただ手を出しているだけで態勢ができず、少し送球がそれると捕球ミスをしたり、ファーストへの送球の姿勢が悪くなります。

 この姿勢の差に大きな違いがありました。

 

ミットを置いてみたら

 そこで日野茂顧問がミットを置くように指示をしました。

 そうするとどうでしょう。ショートはセカンドのことを思いやり、丁寧なトスをします。そしてセカンドも素手で両手で捕球するために、身体全体で態勢を作っています。ミットを持っているときよりも、スムーズにプレーができていました。

 ミットがあることで自然と雑なプレーになりがちなのかもしれません。お互いが相手のことを思う姿勢こそが、ミットよりも優れたツールになるのです。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

【ドラフト会議特集12】プロ入りする選手はどこが違うのか

 今日はドラフト会議当日となる。野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、2011年に北海道日本ハ

記事を読む

希望を持って前に!

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

バッティングの課題を気付かせる方法

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑