*

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

公開日: : プロ野球

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹介しました。今日は野球の魅力の2つめ、「いろんな才能に活躍の場がある球技」です。

 昨日のフレッシュオールスターでは、最優秀賞に千葉ロッテの井上晴哉選手、優秀賞に埼玉西武の山川穂高選手とオリックスの奥浪鏡選手が選ばれました。共通点は?

 

足が速くなくても、背が低くても

 3人の共通点は、体重です。井上晴哉選手は114kg、山川穂高選手は105kg、奥浪鏡選手は95kgです。ちなみに身長は順に180cm、176cm、176cmだそうです。

 野球は球技ですが、野手は長い時間を走り続けるということもなく、持久力よりも瞬発力が重要なスポーツです。また瞬発力でも短い距離で加速して速く走ることは重要ですが、役割分担があって、球を遠くに飛ばせる選手は、足が遅くても活躍ができるのです。

 3人のうち、山川穂高選手は50m6秒台前半で走るなど、体重があっても運動能力は高いのですが、外国人選手などでも足が非常に遅いけれども、ホームランでチームに貢献し、活躍している選手がいます。

 また身長についても、大きい選手もいますが小さな選手も活躍できます。体型に関係なく、速い球を投げたり、コントロール良く投げたり、球を遠くへ飛ばしたり、足が速かったり、自分の能力に応じて活躍する機会が野球にはあります。

 

他の競技にない魅力

 身体的特徴でかなり有利になるのが、バレーボールだったりバスケットボールだったり。身長が小さくて活躍する選手も中にはいますが、やはり身長があったほうが有利でしょう。

 またラグビー、サッカーなどは、体重が重い選手、身長の低い選手でも活躍できますが、1試合に相当な距離を走る必要があります。もちろん野球に持久力が必要じゃないということではありませんが。

 球技でありチーム競技でありながら、攻めるときと守るときを分けられ休む(準備する)時間があり、守備でもファーストやショートなどタイプの違う選手が守れるポジションがある。アメリカンフットボールもこれに近いかもしれませんが、それよりもパワーや足の速さの特徴がより特化した選手が活躍できる競技ではないかと思います。

 

もし野球がなかったら

 もし野球がなかったら、井上選手や山川選手、奥浪選手はどんなスポーツをしていたのだろう。もちろんものすごいパワーと運動神経を持った選手なので、他の競技で活躍しているかもしれませんが、柔道とか相撲とか格闘技では想像できるものの、「球技」ではなかなか想像がつきません。

 逆に、そういう選手でもチャンスがあるだからこそ、野球の裾野は広いのではないかと思います。

 

 体重が重い選手がヒーローになり、インタビューを受けている姿が、野球の魅力を象徴していると言えます。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

オリックスの2015年のチーム構成

 昨年、パリーグの優勝をあと1勝の差で逃したオリックス、シーズンオフには本気の補強を見せています。今

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

吉田正尚選手、高山俊選手、ドラフト1位候補を石毛宏典、日野茂が斬る

前回に引き続き、今年のドラフト会議で1位指名に名前の挙がる選手を、石毛宏典氏、日野茂氏に斬ってもらい

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

プロ野球選手の引き際

プロ野球選手の引き際は、長年プレーしてきたベテランであっても、自分の意思で決められる選手は少ない。石

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

ドラフト注目選手を、石毛宏典氏、日野茂氏が斬る 第1回「オコエ瑠偉選手・関東第一」

 プロ野球ドラフト会議が10月22日に迫ってきた。様々なメディアで注目選手が取り上げられているが、元

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑