*

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

公開日: : プロ野球

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹介しました。今日は野球の魅力の2つめ、「いろんな才能に活躍の場がある球技」です。

 昨日のフレッシュオールスターでは、最優秀賞に千葉ロッテの井上晴哉選手、優秀賞に埼玉西武の山川穂高選手とオリックスの奥浪鏡選手が選ばれました。共通点は?

 

足が速くなくても、背が低くても

 3人の共通点は、体重です。井上晴哉選手は114kg、山川穂高選手は105kg、奥浪鏡選手は95kgです。ちなみに身長は順に180cm、176cm、176cmだそうです。

 野球は球技ですが、野手は長い時間を走り続けるということもなく、持久力よりも瞬発力が重要なスポーツです。また瞬発力でも短い距離で加速して速く走ることは重要ですが、役割分担があって、球を遠くに飛ばせる選手は、足が遅くても活躍ができるのです。

 3人のうち、山川穂高選手は50m6秒台前半で走るなど、体重があっても運動能力は高いのですが、外国人選手などでも足が非常に遅いけれども、ホームランでチームに貢献し、活躍している選手がいます。

 また身長についても、大きい選手もいますが小さな選手も活躍できます。体型に関係なく、速い球を投げたり、コントロール良く投げたり、球を遠くへ飛ばしたり、足が速かったり、自分の能力に応じて活躍する機会が野球にはあります。

 

他の競技にない魅力

 身体的特徴でかなり有利になるのが、バレーボールだったりバスケットボールだったり。身長が小さくて活躍する選手も中にはいますが、やはり身長があったほうが有利でしょう。

 またラグビー、サッカーなどは、体重が重い選手、身長の低い選手でも活躍できますが、1試合に相当な距離を走る必要があります。もちろん野球に持久力が必要じゃないということではありませんが。

 球技でありチーム競技でありながら、攻めるときと守るときを分けられ休む(準備する)時間があり、守備でもファーストやショートなどタイプの違う選手が守れるポジションがある。アメリカンフットボールもこれに近いかもしれませんが、それよりもパワーや足の速さの特徴がより特化した選手が活躍できる競技ではないかと思います。

 

もし野球がなかったら

 もし野球がなかったら、井上選手や山川選手、奥浪選手はどんなスポーツをしていたのだろう。もちろんものすごいパワーと運動神経を持った選手なので、他の競技で活躍しているかもしれませんが、柔道とか相撲とか格闘技では想像できるものの、「球技」ではなかなか想像がつきません。

 逆に、そういう選手でもチャンスがあるだからこそ、野球の裾野は広いのではないかと思います。

 

 体重が重い選手がヒーローになり、インタビューを受けている姿が、野球の魅力を象徴していると言えます。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

野球選手のヒーローインタビュー

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけ

記事を読む

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

記事を読む

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

石毛宏典氏、日野茂氏が見る今年のドラフト候補

ドラフト会議が今月22日に迫ってきた。今年のドラフト候補について、元オリックス監督の石毛宏典氏、元西

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑