*

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

公開日: : 高校野球

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応援歌を紹介します。

 かつては東京六大学の応援をベースとしたものが多かったのですが、多くの高校が同じような応援をしていたため?に、今度は高校が独自にアレンジをしたり、オリジナルの曲を作ったりと応援が見られるようになりました。

 その中で、甲子園で何度も聞かれる常連校の応援曲は、次第にほかの高校でも演奏されるようになり、有名になって行きます。

?

応援歌のルーツ ~甲子園常連校~

 アメリカン・シンフォニー

 智弁和歌山高校が1987年に甲子園に初出場した際に、応援曲としてアレンジされ演奏されました。その後、智弁和歌山は甲子園でも優勝するなど常連の強豪となり、曲の迫力もあって今では多くの高校で演奏されるようになりました。

 

 

 他にも智弁和歌山高校はジョックロックなど有名な応援曲を出しています。

 

ワッショイ

 天理高校の応援で見られる曲。単純ですがスローテンポで大音量で演奏されるこの曲は、味方のチャンス感と対戦相手のピンチ感をあおります。

 

また天理高校ではヒットを打った時に流れるファンファーレも有名です。

 

その高校専用?のもの

 その他にもオリジナルの応援曲はたくさんあります。習志野高校の「レッツゴー習志野」もすでに聞いたことのある曲になっていると思います。

ただし、あまりにも習志野高校の印象が強いので、他の高校では使いにくいようです。

 

 

 応援歌が有名になるのは、その高校は毎年のように甲子園に出ている常連だから。聞いたことのある曲ということもあるでしょうし、強い高校の応援曲を使いたい、ということもあるでしょう。

 高校由来の応援曲は、歴史を作った強い高校の証として、いつまでも残り続けます。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

高校野球のベスト8と地域の差

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、

記事を読む

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園

記事を読む

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の

記事を読む

今年のドラフトの目玉は高校生左腕、履正社・寺島成輝投手を元プロスカウトが評価

 今年ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が一身に注目を浴びている。10年に一人、20年に一人と評

記事を読む

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む

高校野球選手の発言と時代

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑