*

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

公開日: : 高校野球

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応援歌を紹介します。

 かつては東京六大学の応援をベースとしたものが多かったのですが、多くの高校が同じような応援をしていたため?に、今度は高校が独自にアレンジをしたり、オリジナルの曲を作ったりと応援が見られるようになりました。

 その中で、甲子園で何度も聞かれる常連校の応援曲は、次第にほかの高校でも演奏されるようになり、有名になって行きます。

?

応援歌のルーツ ~甲子園常連校~

 アメリカン・シンフォニー

 智弁和歌山高校が1987年に甲子園に初出場した際に、応援曲としてアレンジされ演奏されました。その後、智弁和歌山は甲子園でも優勝するなど常連の強豪となり、曲の迫力もあって今では多くの高校で演奏されるようになりました。

 

 

 他にも智弁和歌山高校はジョックロックなど有名な応援曲を出しています。

 

ワッショイ

 天理高校の応援で見られる曲。単純ですがスローテンポで大音量で演奏されるこの曲は、味方のチャンス感と対戦相手のピンチ感をあおります。

 

また天理高校ではヒットを打った時に流れるファンファーレも有名です。

 

その高校専用?のもの

 その他にもオリジナルの応援曲はたくさんあります。習志野高校の「レッツゴー習志野」もすでに聞いたことのある曲になっていると思います。

ただし、あまりにも習志野高校の印象が強いので、他の高校では使いにくいようです。

 

 

 応援歌が有名になるのは、その高校は毎年のように甲子園に出ている常連だから。聞いたことのある曲ということもあるでしょうし、強い高校の応援曲を使いたい、ということもあるでしょう。

 高校由来の応援曲は、歴史を作った強い高校の証として、いつまでも残り続けます。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

夏の高校野球出場校の宿舎マップを作ってみた

 夏の高校野球甲子園大会は明日から始まります。甲子園出場校の宿舎は毎年公表されています。そのマップを

記事を読む

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校す

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む

no image

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてき

記事を読む

高校野球の名将の引退

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は20

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第4回:流行曲~

 高校野球応援特集、第4回、今回は流行曲です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園

記事を読む

高校野球は大阪桐蔭が優勝!夏の甲子園の勝率は8割8分、8度出場して4度優勝

 夏の高校野球が大阪桐蔭が優勝した。大阪桐蔭はこれで夏の大会は4度目の優勝で、中京大中京の7度、広島

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑