*

スカウトの夏!緊張の夏

公開日: : スカウト活動

 高校野球の各地の大会が本格的に始まっています。高校野球の夏の大会、スカウトにとっては、大きな賭けをする場面があります。

緊張の理由

 1.高校野球の夏の大会は49地区で同じ時期に開催されます。

 2.地区内でもいくつかの球場で同じ時間に試合が行われ、都道府県内の離れた球場で行われます。

 3.トーナメントで敗れた時点でそのチームは出場せず、3年生は引退します。

 

 スカウトはこの時期には既にリストアップした選手は視察を終えており、夏の大会では球団の方針に沿った選手を最終チェックするパターンが多いと聞きます。

 しかし、チェックしたい選手が自分の担当地域には何人もいます。そしてその選手が同じ日に出場する少なくありません。同一県内で試合時間が違っていたとしても、球場が遠くて見にゆけない事もあります。

 そしてこの大会でそのドラフト候補を見られないと、3年生にはもう大会はなく公式戦でプレーを見る事はありません。

 したがってスカウトは試合の勝敗をある程度予想して、視察の計画を立てることになります。

 

スカウトのジレンマ

 例えば昨年のドラフトで巨人が5位指名をした平良拳太郎投手。147キロを投げる投手として注目をされていましたが、沖縄大会2回戦で延長14回の末に敗れ、初戦で敗退してしまいました。

 夏に見られなかったスカウトは多かったようで、悔しがるスカウトの声も聴きました。それまでの視察を元に巨人はドラフト5位で指名しましたが、この試合を勝ちあがって、次の試合などでスカウトが見ることができていたら、もっと高い順位で指名されたかもしれません。

 スカウトの「勝ち残ってくれよ」という声が聞こえてきます。また同時に、狙っていた選手が活躍すると他球団の評価が上がり、ドラフトで他球団に指名されてしまうかもしれません。そうなると、「あまり目立たないでくれよ」という声が聞こえてきます。

 

 スカウトとは大変な仕事です。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手

記事を読む

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフ

記事を読む

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

大阪商業大・岡田明丈投手を、元プロスカウトが評価する

 大阪商業大の岡田明丈投手がこの春に150キロを記録し、連日のようにプロ野球のスカウトが姿を見せてい

記事を読む

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑