*

公立高校の夏は激アツ!?

公開日: : 高校野球

 夏の高校野球の興味の一つに、公立高校と私立高校の戦いというものがあります。私立高校では県外から選手を呼び寄せたりとスカウティングを行ったりしています。しかし公立高校は基本的に同一都道府県で、しかも学区などエリアが分かれている所が多いため、その中から選手を集めなければなりません。

昨年の甲子園出場校

 昨年の甲子園出場校、公立高校かなと思う名前も実は私立高校というものもあります。花巻東は学校法人花巻学院が運営する私立高校、木更津総合、富山第一、上田西の私立高校でした。

 それでは公立高校はどれだけあったのか、秋田商業(秋田県)、日川高校(山梨県)、福井商業(福井県)、彦根東(滋賀県)、桜井(奈良県)、箕島(和歌山)、西脇工(兵庫県)、玉野光南(岡山県)、岩国商業(山口県)、丸亀高校(香川)、鳴門高校(徳島)、有田工業(佐賀県)、大分商業(大分県)、熊本工業(熊本県)、合計14校でした。

 これを多いとみるでしょうか、少ないとみるでしょうか?

 個人的には意外と多いなと感じました。

 

公立高校の監督

 たとえば東海大甲府や山梨学院大付などがいる山梨県、天理や智弁学園のいる奈良県、報徳学園などのいる兵庫県などは凄いなと思います。特に東京近郊の関東では、浦和学院、前橋育英、作新学院、常総学院、木更津総合、横浜と私学が圧倒し、日川は唯一の公立でした。

 その中で、熊本工業や鳴門高校、岩国商や福井商、秋田商などは甲子園で何度も名前を聞く高校です。基本的に公立高校は教師の異動がありますが、たとえば熊本工業は名将と呼ばれる林幸義監督が何度も監督に就任していますし、2010年に退任された福井商業の北野尚文監督は42年間福井商業で監督を務め、教員ではありますが例外的な人事となっているようです。

 

劇的な公立高校の夏

 甲子園、春夏で公立高校が最後に優勝したのは2009年の清峰高校までさかのぼり、夏だけだと2007年の佐賀北高校となります。またその前となると1996年夏の松山商まで遡ることになります。

 佐賀北高校は0-4と敗色濃厚の8回裏に満塁ホームランなど5点を奪い逆転しての優勝、1996年は松山商と熊本工の公立同士の決勝となりました。延長13回の大激闘、9回裏に熊本工が起死回生のホームランで同点に追いつき、10回裏には奇跡のバックホームで松山商が守る、球史に残る激闘となりました。

 

 東東京ではセンバツに都立小山台高校が出場しました。都立雪谷高校もエースの鈴木優投手はプロも注目する投手として期待されています。今年は何校の公立高校が勝ち上がるでしょうか?そして甲子園の頂点にたどり着くことができるでしょうか?

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

浦和学院は3日目第3試合!!

 高校野球の組み合わせ抽選が行われ、浦和学院は3日目第3試合で昨年覇者の龍谷大平安と対戦する。ZER

記事を読む

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

高校野球選手の発言と時代

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む

高校野球、2014年の夏の甲子園入場者数は歴代5位で斎藤佑樹・田中将大の年を上回る

 2014年夏の高校野球大会は大阪桐蔭が優勝した。今年の夏の甲子園の入場者数は約85万3千人で、これ

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑