*

高校野球の応援曲のルーツ~第1回:東京六大学~

公開日: : 高校野球

 高校野球のスタンドでの応援は、高校野球の花の一つである。この応援によってチームに勢いがつく。また野球部以外の応援部、チアリーダー部やブラスバンド部、その他の部が応援の練習をし、その高校の生徒、OB、家族、関係者、地元の方、そしてその高校以外に協力してくれる高校など多くの人を巻き込んで一体となる。

 今回はその応援曲について紹介します。まずはその1回目、東京六大学由来の応援曲から。

応援曲のルーツ ~東京六大学~

 日本の野球の始まりであり、アマチュア野球の歴史と言っても良い東京六大学由来のものが多い。

その中でも早稲田大学のコンバットマーチ、慶應義塾のダッシュケイオウが歴史もあり有名であり、一度は聞いたことのある曲だろう。

 

 コンバットマーチ(Youtube映像より)

 チャーチャーー、チャチャチャチャチャーー、 チャーチャーー、チャチャチャチャチャーー

 オー、オー

 ○○倒せ、オー

 

ダッシュケイオウ(Youtubeより)

○○倒ーせ、○○倒ーせ、○○倒ーせー

かっとばせよ、かっとばせよ、

勝つぞ、勝つぞ○○

 

 この2大学はその他にも多くの応援曲を生み出しており、それらを1つのセットとして試合に使っている高校も多い。また高校によっては、コンバットマーチからのダッシュケイオウといったものも見られる。

 

 その他にも各大学には名物の応援曲がある。

明治大は「狙いうち」を最初に導入したとされ、今では多くの高校や、明治大出身の星野氏の影響か中日のチャンステーマとしてもつかわれている。

狙いうち(Youtubeより)

打てよ打てよホームラン、打てよ打てよホームラン

打てよ打てよホームラン、お前が打たなきゃ誰が打つ!

 

立教大の「セントポールマーチ」も聞けばわかると思うが、少しアレンジされ、阪神のチャンステーマとなっている。

 

 法政大の「チャンス法政」も高校野球の応援で良く聞かれる。チャンス法政への導入部からそれ以降の応援と流れていくパターンがあり、一連の流れで応援できる。

チャンス法政(Youtubeより)

 

 最後の東京大学だが、鉄腕アトムをアレンジ?した「ビクトリーマーチ」が高校野球で聞かれる。

 

 東京六大学由来の応援は、あまりにも多くの高校で使われているため、最近は応援の独自性を追求する高校もある。

しかし、これらの応援を聞くと安心する感じもする。

 

 第2回は高校独自から広まった曲、第3回は流行の曲、を紹介します。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

来年の野球はどうなる? その1:高校野球

 今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。 2015年の高校野

記事を読む

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む

野球キャンプイン

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

今年のドラフトの目玉は高校生左腕、履正社・寺島成輝投手を元プロスカウトが評価

 今年ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が一身に注目を浴びている。10年に一人、20年に一人と評

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫

記事を読む

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む

高校野球の監督の情熱

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑