*

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

公開日: : プロ野球

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主軸として黄金時代を築いた。

 現役時代は「最もメジャーリーグに近い選手」と言われた名選手は、どんな風に育ったのか。西武ライオンズで2軍のコーチとして秋山選手に指導した日野茂氏に聞いた。

身体能力を認められ

 秋山選手は熊本・八代高校出身、高校3年生の夏は投手として熊本大会決勝まで勝ち上がっている。185cmの大きな体を評価され、1980年にドラフト外で西武に入団した。

 入団するとすぐに監督・コーチの目に留まる。当時監督だった根本陸夫もその素質に注目し、1年目の終盤戦には1軍に昇格させた。1軍でヒットを放ったものの、1軍の守備・内野コーチだった日野茂氏は、「時間がかかる」と思っていた。

 1982年、2軍の守備・走塁コーチとなった日野氏は朝から晩まで、秋山にノックをした。それだけ熱が入っていたのは、それだけ楽しみな選手がいたからだった。

 余談だが、日野氏が2軍のコーチをしていた1982年から1984年と、2軍監督となった1985年から1986年は、まさに黄金時代を作った選手たちが出ている。1980年のドラフト1位・石毛宏典、1981年の秋山、1983年に辻発彦、1985年に清原和博が入団している。

 日野氏は、「サード秋山、ショート石毛、セカンド辻」が活躍する姿を思うと、「自然と力が入った」という。

 

器用だけど不器用な選手

 秋山選手は日野氏が言うには「器用だけど不器用な選手だった」らしい。運動神経は素晴らしく、何をやってもすぐにこなす反面、一度悩むとなかなか抜け出せない選手だった。また性格的にも「喜怒哀楽を表に出さない寡黙な選手」で、妥協もするし熱を込めて練習をするタイプではなかったという。

 それでも当時の西武は1軍に広岡達郎監督が就任し、とにかく練習をさせられた。秋山選手も「サバサバしながらも練習をしていた」。

 2年間をみっちりファームで鍛えられ、1984年に1軍に昇格する。緻密な野球の広岡達郎監督だったが、秋山選手は器用さを見せて、バントも走塁もそつなくこなした。そして、1985年に40本のホームランを打つと、1993年まで9年連続30本塁打を打つ大選手となった。

 

メジャーリーグを狙えたか

 秋山選手というと日本に来る外国人選手の多くが、メジャーリーグでできる選手として名前を挙げていた。それだけの身体能力と実績があった。しかし日野氏は「もっと上を望める選手だった」と話す。成績も身体能力も申し分ないが、「手が大きすぎてスローイングに課題があった」が指摘をしても「それでいい」と思っているようなところがあった。

 また、一度バッティングを崩すと長く悩み続ける点も指摘し、「一時はバスターで打っていた」という。

 

 高い身体能力があり器用だったが、不器用な面もあった秋山選手。
メジャーリーグに挑戦していたらどうだったのか?  その答えは出せない。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

吉田正尚選手、高山俊選手、ドラフト1位候補を石毛宏典、日野茂が斬る

前回に引き続き、今年のドラフト会議で1位指名に名前の挙がる選手を、石毛宏典氏、日野茂氏に斬ってもらい

記事を読む

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

プロ野球のエースのすごさ!

 プロ野球、先発ローテーションとして活躍する投手の中で、エースと呼ばれる投手が各チームに存在します。

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑