*

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

公開日: : プロ野球

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあります。元西武ライオンズでフロントとしても活躍した日野茂氏に、トレードはどのように行われるのかを聞きました。

金村義明選手のトレード

 編成担当としては当たり前の話ですが、やはり他球団の選手をよく見ています。特に、素質がありながらも使われていない選手は、チーム内で首脳陣との相性であったり、指導方法や起用方法で選手とチームとのズレがあるのだということです。

 たとえば金村義明選手、近鉄時代に猛牛打線の主力として活躍しましたが、1995年にFAによって中日に移籍します。しかし中日では同じポジションに外国人選手を補強されるとポジションを奪われていました。

 「まだできるのになぁ」と日野氏は考えていました。

 すると1997年、シーズンが開幕してすぐに東尾修監督が、「右の代打がほしい」と要望を出してきます。そこで日野氏はすかさず中日に打診をします。

 金村選手も出場機会を求めて移籍の希望はあったようで、中日もこのトレードにすぐに応じます。小野和義投手との交換トレードが成立し、金村選手は1997年、1998年のリーグ制覇に、サードとして代打として活躍をしました。

 

デニー友利投手のトレード

 友利結投手は1986年にドラフト1位で大洋に入団しましたが、1996年まで10年在籍してもパッとした結果が出せていませんでした。

 日野氏も友利選手について力のある投手とみていました。しかし、「2つ目まではあるけど3つ目が無い」とストレートの力でファールなどで追い込むことはできるが、最後の決め球が無い投手でもありました。

 1996年、東尾監督は友利選手の投球を目にして日野氏に言います。「友利を獲れないか?」

日野氏も「3つ目の無い投手ですよ?」と話しますが、東尾監督はそれでいい、といいます。

 横浜側に打診をしていましたが、なかなかうんとは言わなかったようです。しかし1996年のシーズン終盤にケガをすると、トレードに応じました。

 西武側からは交換要員として何人かの名前を挙げ、横浜側がその中から1軍未出場の大型スラッガー、長見賢司選手を指名しトレードが成立しました。

 デニー友利投手は西武でリリーフとして活躍し、1997年、1998年の連覇に貢献しました。

 

いろいろな形がある

 1990年代の頃の話で、現在はGM制であったりとフロント主導で編成を行う事も増えたのかもしれません。しかし、フロントは常に他球団の選手の動向を見ており、現場は足りない部分の補強を要望してきます。

 また、交換で出す選手についても、移籍先で活躍できればという思いもあるようです。

 いろいろなタイミングが重なって成立するトレード、選手・監督・フロントの想いが交錯し、そしてトレード後の選手の活躍であったり、チームの浮上であったりと、非常にドラマチックな場面を見せてくれます。

 

 これから、どんなトレードが成立していくのでしょうか? そしてそこに関わる人の想いはどのようなものなのでしょう?

「トレード」もプロ野球を盛り上げる一つの要素だと強く感じます。

 

 (記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

【ドラフト会議特集10】ドラフト会議、各球団の抽選の勝率は?

 今年のドラフト会議でも1位指名で1人の選手に複数の球団が指名する可能性が高いとみられています。そこ

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

自分を売り出せ!新人選手!

プロ野球では新人選手が各チームの寮に入寮する季節となった。これからキャンプ開始の2月1日まで合同自主

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑