*

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

公開日: : プロ野球

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4打数3安打、守っても1回にサードライン上のゴロを補給して強烈なスローイングで打者をアウトにしました。しかし本当に凄い所は・・・。

 

走塁の姿勢

 初打席は1回に1アウトランナー1塁の場面で回ります。そこでグリエル選手はショートゴロとなりますが、一塁に戦力で駆け抜けてセーフになりました。東北楽天のショートのトスがやや遅く(セカンドがベースに入るのがややゆっくりしていた?)、セカンドが慌てて送球したもののセーフとなったプレーです。

 この場面、日本人で長年主力でやっている選手やほかの外国人選手だったら、セカンドベースに近いショートゴロでは走るのを緩めていたかもしれません。まずはこの走塁をみて、キューバの純粋な野球を感じさせました。

 

送球の姿勢

 守備では前述の1回のプレーも素晴らしかったですが、5回の森山選手のサードゴロの送球にも驚かせました。余裕でアウトを取れる場面では日本でもメジャーリーグでもファーストには全力ではなく、やや緩めの送球を確実に投げるという風にするでしょう。

 しかしグリエル選手は全力で送球し、それが胸元に確実に送球されていました。そして、「キューバでは当たり前」と試合後に言い切りました。

 グリエル選手は全力で投げても確実に胸元に行くという自信があります。そしてそれは普段の練習やキャッチボールでも同じような強さの送球を手を抜かずに行っているということでしょう。

 

守備の姿勢

 最後に守備ですが、守備機会は三塁内野安打になったプレーも含めて4つあったと思います。しかしその4つ以外の27アウト、または投手が相手打者に投げる1球1球に、まるで地面に這いつくばるような低い姿勢を取り、打球に備えていました。

 どんな相手にも手を抜かず、常に全力でプレーをしていました。

 

繰り返すことの難しさ

 打ったら全力で走る、身体を低くして打球に備える、野球で教えることの基礎の基礎です。しかし野球をほぼ毎日行うプロ野球で、すべての機会に対し、繰り返しそして全力で基本姿勢を取ることに感動しました。

 野球塾でもプロの選手はキャッチボールでも、すべての捕球において足を使い、ミットを前に出して捕球の準備の姿勢を取るのを見ます。この基本の繰り返しがプロ野球選手の、そしてキューバの至宝と呼ばれる選手の凄さなのだと思います。

 

周りの選手に伝わる

 グリエル選手のこの姿勢は、必ず周りの選手に伝わるでしょう。メジャーでも大金を稼げると呼ばれる選手が、あれだけの全力プレーをするのです。ほかの選手も自然と一塁まで全力で駆け抜け、一球一球に集中して姿勢を取るようになるでしょう。

 そしてチームは強くなっていくだろうと確信をしました。

 グリエル選手を獲得したことは、ホームランを打ったり、打点を挙げたり、好守備で失点を防ぐだけでなく、周りの選手を変えてチームを強くするという、非常に価値の高い事でした。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

OBへの尊敬

昨日、侍ジャパンと強化試合で対戦した台湾のナショナルチーム、その4番を打った陳金鋒選手のセレモニーが

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑