*

少年野球の練習と工夫した練習

公開日: : 少年野球指導, 注目選手

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています。その練習はマンネリ化をしないように、毎週のように違ったメニューで行われています。今日はそれをご紹介します。

ミットを板に変えて捕球

 板のミット

  キャッチボールが終わった後、いつも内野守備の時間なのに、コーチからはミットを置いてくるように言われます。そして、「これを着けろ~」と言われて持ってこられたのが、上の写真のような「板」でした。

 写真のように手にはめると、捕球面は下のようになります。

 

 これで2人で向き合い、ゴロの捕球練習を行います。しかし少年野球選手たちは上手に両手を使って捕球します。たいしたものです。

 そして少し練習した後、上田浩明コーチが見本プレーを見せます。

 ゴロが来るかなり前から板ミットを体の前に出して、準備をしています。そして、板にゴロの球が当たるタイミングで足を軽快に動かして捕球をしています。

 板ミットを使う練習の意味は、捕球のための準備をする事、そして捕球時に足を使う事を理解するための練習でした。

 その他にも、選手のプレーを見ていると、面の角度を工夫していたり、両手で大切に補給をしていたりと、様々な効果がありそうです。

 

外野守備の練習

 また別の日、いつもは守備練習は内野が中心となりますが、外野守備の練習をすると説明がありました。

 場所を2つに分けて、清水宏悦校長の方は、ゴロを補給してバックホームの練習、上田コーチの方は、後ろに下がりながらの切り返しの練習です。

 内野手の守備練習は、守備範囲は外野手ほど広くなく、スローイングもコンパクトに素早く投げる事が必要です。

 しかし外野手は違います。

 ライナーやフライを追いながら広い範囲を走る必要があり、またスローイングもバックホームとなると、体を目いっぱい使って投げる必要があります。

 慣れない動きに選手たちは難しそうでした。特に体を大きく使ってのスローイングができていなかったり、打球を見ながら長い距離を走るのが苦手だったり、そして走る際にミットを持て余してバランスをくずしたり。やってみると、またいろいろな面や課題が見えてきます。

 

 このようにいろいろな練習を行う事で、自分の課題が見つかったりします。その発見でプレーが格段に良くなったりすることもあります。

 工夫された練習には、非常に大きな意味があるのです。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球は技術!

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季を迎える。メジャーでも二刀流に

記事を読む

羽ばたく野球塾卒業生、見違える姿を!

 いよいよ本日、2015年の選抜高校野球大会の出場チームが決定する。ZEROベースボールアカデミーを

記事を読む

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

野球のムーブメントと特徴、ライト前を守るセカンド

 野球のムーブメントは現在も起こっている。広島カープで今年入団4年目となる菊地涼介選手、セカンドの守

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑