*

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

公開日: : プロ野球

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ(元西武)が少年野球戦を教えるために集まります。その練習前に、プロ野球時代のお話を伺いました。

明治神宮球場のロッカールーム

球場のロッカールームの話になりました。

今はマツダスタジアム、東京ドームや福岡ドームといった新しい球場はもちろん、横浜スタジアムも2012年ごろからクラブハウスを大改修し、非常にきれいなものになっています。

しかし、清水校長や上田コーチが現役でプレーしていた時の球場は、ロッカールームがひどかったようです。

たとえば明治神宮球場は1926年に開場した球場で歴史も古く、もともと東京六大学など学生野球を行うための球場でした。

 そして、そのロッカールームはもともとは少し高くなった所に「畳があるだけ」でした。そして学生側プロ側にそれぞれ同じ畳のスペースが用意されていたようです。さすが学生野球中心だけありますね。

 

もっとすごいロッカールーム

それ以上にすごかったというのが、「日生球場」だったようです。日生球場は近鉄が本拠地としていた球場で、数多くの歴史に残るプロ野球選手がプレーしていました。

そしてその球場のロッカールームは、なんと「廊下」だったようです。

みんな廊下で着替えをしてたよ」と清水校長は話します。

 

その時代から比べれば、今はきれいで広いロッカールームがあり、充実した設備、環境となりました。ロッカールームの移り変わりも、プロ野球の歴史の一つといえるでしょう。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

育成ドラフト指名選手の1年目での支配下登録

巨人は2015年ドラフト会議において育成ドラフト8位で指名し、育成枠で契約をしていた長谷川潤選手と支

記事を読む

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む

プロ野球選手の引き際

プロ野球選手の引き際は、長年プレーしてきたベテランであっても、自分の意思で決められる選手は少ない。石

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む

2015年のドラフト会議はどうなるのか?

 2015年プロ野球ドラフト会議が10月22日に開催されることが決定した。昨年は早稲田大の有原航平投

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑