*

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

公開日: : プロ野球

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ(元西武)が少年野球戦を教えるために集まります。その練習前に、プロ野球時代のお話を伺いました。

明治神宮球場のロッカールーム

球場のロッカールームの話になりました。

今はマツダスタジアム、東京ドームや福岡ドームといった新しい球場はもちろん、横浜スタジアムも2012年ごろからクラブハウスを大改修し、非常にきれいなものになっています。

しかし、清水校長や上田コーチが現役でプレーしていた時の球場は、ロッカールームがひどかったようです。

たとえば明治神宮球場は1926年に開場した球場で歴史も古く、もともと東京六大学など学生野球を行うための球場でした。

 そして、そのロッカールームはもともとは少し高くなった所に「畳があるだけ」でした。そして学生側プロ側にそれぞれ同じ畳のスペースが用意されていたようです。さすが学生野球中心だけありますね。

 

もっとすごいロッカールーム

それ以上にすごかったというのが、「日生球場」だったようです。日生球場は近鉄が本拠地としていた球場で、数多くの歴史に残るプロ野球選手がプレーしていました。

そしてその球場のロッカールームは、なんと「廊下」だったようです。

みんな廊下で着替えをしてたよ」と清水校長は話します。

 

その時代から比べれば、今はきれいで広いロッカールームがあり、充実した設備、環境となりました。ロッカールームの移り変わりも、プロ野球の歴史の一つといえるでしょう。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

福岡ソフトバンクの優勝と大型補強

 2014年のプロ野球は福岡ソフトバンクが日本一となり終了した。シーズン前に大型補強を行っていた福岡

記事を読む

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

オリックスの2015年のチーム構成

 昨年、パリーグの優勝をあと1勝の差で逃したオリックス、シーズンオフには本気の補強を見せています。今

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

野球キャンプイン

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称され

記事を読む

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑