*

早慶戦が他の試合と違う点

公開日: : 大学野球

今日から東京六大学リーグでは早慶戦(慶早戦)が行われています。なぜ早慶戦が特別なのか、理由を挙げてみました。(一部慶應目線になります。)

1.歴史が深い

早慶戦は1903年11月21日に、早稲田大が慶應義塾に挑戦状を送って実現した対抗戦で、100年以上の歴史があります。その中では両大学の応援がエスカレートして絶縁状態になったり、早稲田大の応援席からリンゴの芯が投げ込まれたのを、慶應義塾のサードを守っていた水原茂選手がスタンドに投げ返して試合後に早稲田大応援団が慶應義塾大のベンチや応援団に乱入し、早稲田は1塁側、慶應は3塁側と決められるようになったりと、熱い歴史があります。

しかし戦争が激しくなった1943年には、秋の学徒出陣の前にいわゆる「最後の早慶戦」が行われたり、1960年には「早慶6連戦」が行われたりと、常にライバルとして戦ってきました。

この歴史はほかの大学にはないもので、特別なものと言えそうです。

 

2.学生数、OBが多い

両大学とも東京にあるマンモス大学です。早稲田大は2013年度で大学の学部で44,295人の学生が、大学院も含めると約5万3千人の学生がいます。慶應義塾も2014年5月現在で学部、大学院合わせて3万4千人が在籍しています。

卒業生も両大学とも毎年1万人前後となり、長い歴史の中で両大学のOBは世の中に非常に多い事になります。

また慶應義塾に関しては三田会という強い結束力があり、両大学ともに高いブランド力があります。

 

3.観戦人数が多い

今日の試合も入場者数が33,000人と発表されたとのことで、プロ野球と同等かそれ以上の集客力があります。教授によっては早慶戦に行くことを推奨していたりと、大学側も早慶戦は特別なものと位置づけているようです。

また観客も在籍中の学生から、かなり古いOBも方までがそろい、こぶしを握って応援をします。早稲田側は見た事が無いので分かりませんが、慶應義塾のスタンドでは目立つような美男美女がそろい、なによりも若く楽しそうに応援をしています。

 

4.応援、チアがすごい

とにかく応援団やチアの熱気がすごいです。応援団がとにかく反ったり、チアが高く飛んだりしています。またいろんなの応援旗が登場してなぜか紙テープを投げたりします。

それに、わせだ、わせだの早稲田大の校歌「都の西北」や、りくのおうじゃけいおーの慶應義塾の応援歌「若き血」の特別性とともに、早稲田大の「コンバットマーチ」や慶應義塾の「ダッシュケイオウ」といった、高校野球やそのほかの応援でのおなじみの応援が行われます。

お互いがスタンドを向き合い、「都の西北っていいなー」と思ったり「若き血っていいなー」と思ったりしますが、大学への愛着を感じる場面でもあります。

また、エール交換などで、早稲田大のチアが慶應スタンドに来たりします。エール交換という文化も感動を与えます。

 

5.選手の熱もすごい

選手は、もちろんどんな試合でも全力でプレーはしているのでしょうが、やはりこれだけの応援が入ると、自然と気合が入っているようです。熱いプレーが見られ、それがまた観客を興奮させて相乗効果で盛り上がっていきます。

現在は明治大や法政大、立教大など、早稲田大や慶應義塾を上回る選手の補強をしていたりしますが、この試合での選手のプレーはやはり特別なものに見えます。

 

今日はとにかく暑くなっています。男性も女性も熱中症と日焼けには十分気を付けて、熱い試合と応援を楽しんでください!

卒業をしてしまうと、やはりなかなか早慶戦には足を運べなくなります。ぜひ在学中に一度は行ってみてください。入場の時や入場してからも長い時間待つことになりますが、まあそれも楽しめるでしょう!

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

中央大・島袋洋奨投手の現在、甲子園優勝投手の進路に関して

甲子園の春夏連覇、新しい所では2012年に大阪桐蔭が藤浪晋太郎、森友哉といったメンバーで、1998年

記事を読む

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗

記事を読む

来年は野手に注目選手が!2015年のドラフト

 ドラフト会議の目玉選手は多くは投手の場合が多い。しかし来年は久しぶりに野手が注目される年となりそう

記事を読む

駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦で、1部6位の駒澤大は、2部1位の東洋大に1勝2敗と負け越し2部降

記事を読む

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

東京六大学・東都が初戦敗退、地方大学の波

 大学野球選手権の2日目、東京六大学代表の慶応大が神奈川大に敗れ、東都大学リーグ代表の亜細亜大が創価

記事を読む

野球キャンプイン

大学で野球を続けるということ

 夏の高校野球の日程が各地で進んでいる。甲子園開幕に向け、甲子園決勝に向け、全国4000校、10万人

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑