*

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

公開日: : プロ野球

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となった。金城選手といえば2年目の2000年に打率.346を記録し、史上初となる首位打者と新人王のW受賞選手となったことがプロでのスタートとなった。この活躍には出会いがあった。

 おっかないけどおもしろいけど選手

金城選手は近大付属高校から社会人チームの住友金属へ進み、150キロを超す直球を投げる投手として活躍していた。横浜ベイスターズには1998年にドラフト5位で指名されて入団すると、投手ではなく野手に転向し、さらに右打ちに取り組みスイッチヒッターとなった。

このような話を聞くと器用そうな選手に見えるが、決してそうではないと当時2軍監督を務めていた日野茂氏は話す。

「足は速そうに見えてそれほど速くない、守備もおっかないけどアウトにはする選手。バントもうまくない」と評価していた。

しかしある時、当時の権藤博監督が日野氏に声をかける。

「誰かいいのはいないか?」

その時、日野2軍監督は「おっかないけどおもしろいのがいる」と金城選手を推薦した。評価していた通りの説明を権藤監督に話すと、「おもしろそうじゃないか」と即座に1軍昇格を決めた。

そして金城選手は2000年に首位打者と新人王を獲得する。

 

 その後は

 華々しいデビューを飾った金城だったが、2001年には138試合に出場して打率.271を記録する活躍を見せたが、2002年には打率.170と低迷する。

 2001年から西武時代に緻密な野球で黄金時代を築いた森祇晶氏が監督となり、森監督はリードオフマンの金城に対してバントなど細かいプレーを要求した。しかし、器用ではなかった金城はそれに応えられず、次第に使われなくなってしまう。

 森監督が交代した2003年に再び3割を記録しレギュラーとなり、通算1500安打を越える選手となった。現在は外野手の控え、代打として活躍をすることが多くなっているが、素人目にも変わったバッティングスタイルと、意外性は金城選手の人気の一つとなっている。 

 

 指導者との出会い

日野氏は「金城は俺と権藤監督に感謝しないといけない」と笑って話す。投げては150キロを超し、打っても鋭い打球を放つ金城選手は、天性の力でプレーしてきたのかもしれない。

しかし、近大付属高校、住友金属という名門で、そしてプロでも活躍する選手となったのは、このような指導者との出会いがあったからなのだろうが、金城選手が努力をし、期待に応えようと一生懸命プレーをする姿を見せていたからなのだろう。

プロ野球のスター選手、それにふさわしい選手だ。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

2015年のドラフト会議はどうなるのか?

 2015年プロ野球ドラフト会議が10月22日に開催されることが決定した。昨年は早稲田大の有原航平投

記事を読む

ソフトバンク・島袋洋奨投手、もっと自信をもっていい

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・島袋洋奨投手が9月25日の千葉ロッテ戦で8回に登板し、1回をノー

記事を読む

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

新監督は活躍できるか

来年は巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、横浜DeNAのラミレス監督が指揮を執る。共に監督就任は

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑