*

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

公開日: : プロ野球

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファーストのエラーとなったものの悪送球でランナーを許しており、ショートの守備のミスを重ねた。このプレーを検証する事で、これから遊撃手としてプロを目指す選手にとって有意義になると考え、元プロ野球の内野手・日野茂氏に検証をお願いした。

 

1回の悪送球(エラーはつかなかった)の検証

 横浜DeNA・白崎浩之選手、4月23日の1回のプレー(※外部リンク:READ2CHブログ

初回のプレーは体より右側に少し離れた所へのゴロで、捕球はできたものの、一塁送球が大きくホーム側へ逸れてしまったものだ。

これについて日野氏は、「フットワークに問題がある。投げる際に足の踏み込みができていない。」と解説をしています。そのため体が流れながらの送球となり、その方向(右側)に送球がそれてしまったという事です。

ただしこのプレーは捕球の位置から踏ん張って投げるプレーで簡単なプレーではなく、エラーが付かなかった事もあります。しかしショートであれば見せ場のプレーであったともいえます。

 

5回のエラーの検証

横浜DeNA・白崎浩之選手、4月23日の5回プレー(※外部リンク:READ2CHブログ)

 体の少し左側に来たやや打球の速いゴロでしたが、それを捕球できずにエラーとなりました。これについては、難しい打球ではなく、おそらく「投げることを考え過ぎてのプレーなのだろう」と言う事です。その他にも理由はありますが、後ほどまとめます。

 

7回のエラー、8回のエラーの検証

横浜DeNA・白崎浩之選手、4月23日の7回プレー(※外部リンク:READ2CHブログ)

このプレーは自分の右側のゴロですが、それほど離れておらず、バウンドも難しい物ではありませんが、ミットに当てた後でトンネル気味に後ろにそらしてしまいます。1回のプレーと比べても両足を開いて打球を体の真ん中に入れています。このプレーに関して日野氏は何度も何度も映像を確認しました。エラーになる要素が少ないプレーでした。そして最終的には「捕るための準備が遅いプレー」と評価しました。

横浜DeNA・白崎浩之選手、4月23日の8回プレー(※外部リンク:READ2CHブログ)

最後に8回のプレーです。これは自分より左側の強い打球で、5回のエラーに近いものでした。しかし5回とは捕球の体勢が大きく違っています。

 

プレー検証まとめ

まとめると、1回のプレーはフットワークがやや足りなかったために悪送球でした。そして、5回、7回、8回のプレーは全体的に検証をすると、

「捕球体勢が良くない。体が入っていない。まず止めると言う事を意識して下半身が崩れている」と評価しました。サードの場合は強い打球が体の近くに来るため、まずは打球を止めるために膝をついて体で止める、というプレーもあります。5回や8回のプレーは遊撃手にも関わらずサードに近い動きをしているように見えます。

遊撃手は止めただけでは打者走者をアウトにできなくなる可能性が高いため、「捕る」事が重要になります。白崎選手は大学3年まではサードでプレーをしていましたが、そのサードの形や意識がまだ残っているようです。

ショートは特にフットワークが必要で、フットワークの足の運びによって、送球まで繋がったプレーになるかそうでないかが決まります。ショートでプレーする時には、フットワークと捕球の準備、捕球体勢を意識してプレーするようにしましょう。

 

ただしこの日は慣れていない土のグラウンドでした。規則的なバウンドで転がってくる人工芝に比べ、土は多少なりとも変化があるようです。そのためプロはキャンプでは土のグラウンドで守備を行い、打球の変化に対応できるようにします。土のグラウンドで練習すれば、人工芝のゴロは簡単に取れるようになると、日野氏も話しています。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

プロ野球には夢がある

プロ野球には夢がある。だから多くの少年がプロ野球選手を目指す。 プロ野球で非常に悲しい出来事が起こ

記事を読む

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

大谷翔平選手の活躍とマーケティング戦略

 6月19日、北海道日本ハムの大谷翔平選手が8回を投げて1安打11奪三振で無失点に抑えた。甲子園で見

記事を読む

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑