*

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

公開日: : プロ野球

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、先日は井川慶投手が5回1失点で2勝目を挙げた。阪神時代に20勝も記録した井川投手、なぜメジャーで通用しなかったのか、そしてなぜ復活ができたのかを探る。

阪神時代とヤンキース時代

井川慶投手は水戸商業から1997年にドラフト2位で阪神に入団し、2001年に9勝すると2002年に14勝、2003年には20勝を記録している。その後も13勝、14勝を続け、9年間で86勝を挙げた。当時の映像を見ると、大きくテイクバックしたフォームから角度のある140キロ後半の速球を投げ、カーブでタイミングを外して三振を奪っていた。

この活躍もあり、2006年のオフにポスティングによりヤンキースが約2600万ドル(約30億円)で落札し、5年2000万ドルの大型契約を結んだ。

しかしヤンキースでは初先発で5回8安打4四死球7失点、2本のホームランを打たれると、次の試合は6回5安打2失点と好投したもののリリーフでの調整となる。その後はリリーフと先発で登板したが、マイナーとメジャーを行き来したあと、2008年7月にメジャー契約を解除された。

その後2011年までマイナーでプレーをしたが結果を出せず、2012年にオリックスに入団し日本球界に復帰する。

変化球に課題

井川慶投手がメジャーで通用しなかった理由について、日野茂氏は変化球を指摘している。井川投手の場合、日本で140キロ後半を記録していたが、140キロ前後の時も多かったようで、球速からすればメジャーリーグでは遅い方となる。そして日本では武器となっていたタイミングを外す緩いカーブだが、メジャーリーグの打者はその遅い変化球を簡単に見逃し、ストレートを狙うことができていたという。

その後、井川投手はテイクバックを小さくして腕が見えにくいフォームにしてみたり、小さな曲がりのやや速い変化球などの習得に取り組んでいたが、日本の良かった時のようなダイナミックさは無くなり、フォームも素人が見ても力の入らないような形になってしまっていた。

 

オリックスで復活

井川投手はオリックスに入団後、2012年は2勝2敗、2013年は3勝7敗といまいちだったが、今年は既に2勝を挙げた。スタイルを見ると、ストレートとカーブで勝負していた物ではなく、スライダーなど多彩な変化球で勝負する投手となり、先日の福岡ソフトバンク戦では5回7安打7奪三振、ランナーを許しながらも好調ソフトバンク打線の打ち気をかわし、1失点に抑える頭脳的なピッチングをしていた。

メジャーリーグへの挑戦は、その結果は決して良くなかったが、その経験が今年の井川投手を支えている。もしあの時メジャーに行かず、阪神・井川慶が投げ続けていたらどうなっていたのかは想像できないが、今の井川投手も素晴らしい。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

プロ野球には夢がある

プロ野球には夢がある。だから多くの少年がプロ野球選手を目指す。 プロ野球で非常に悲しい出来事が起こ

記事を読む

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑