*

なぜこの選手を獲得できなかったのか?嘉陽宗一郎投手

公開日: : スカウト活動

昨日、東都大学リーグの亜細亜大と駒沢大の対戦が行われ、亜細亜大学が勝利した。勝利投手になったのは、今年のドラフト候補の山崎康晃投手でも、駒沢大で3試合連続完封をしている今永昇太投手でもなく、亜細亜大の1年生・嘉陽宗一郎投手だった。187cmから147キロの速球を投げるこの投手は、なぜドラフト会議で指名されなかったのだろうか。

 

嘉陽宗一郎投手

 嘉陽宗一郎投手は、沖縄県出身で中学時代は軟式野球部でプレーし、高校で松山聖陵高校に進学した。入学時は130キロほどしか球速は出なかったようだが180cmを越える身長があり期待されて成長すると、2年生の後半には140キロを軽く超す真っすぐを投げていたという。

近年の愛媛県の野球レベルは高く、1年生の時には西條の小川慶也投手(現日本体育大2年)、宇和島東の中川源和投手(現駒沢大2年)、 松山商業の堀田晃投手(現大阪学院大2年)といった投手が覇を競い、また嘉陽投手が2年生になった秋季大会では、済美高校の1年生・安楽智大投手と延長14回の投げ合いをしている。

この試合に敗れ甲子園への切符は済美高校の手に渡ると、翌年のセンバツで済美高校が準優勝し、安楽智大投手は一躍時の人となった。その夏、松山聖陵は愛媛大会の準決勝まで進出するも、今治西に1-0で敗れ甲子園出場はならなかった。8回を完投し7安打5奪三振で1失点という好投だった。

 最速147キロを投げる大型投手としてプロも注目したが、プロ志望はせずに亜細亜大学へ進学している。

 

レベルの高さを実感

嘉陽投手にはある程度プロを意識できていたのではないかと思う。186cmの身長があり147キロの真っすぐを投げる。毎週のようにスカウトが訪れていたはずだ。しかし、自分よりも力があると思われた投手はすべて大学へ進学し、その大学では1年目からレベルの壁に当たっていた。

また、安楽智大投手と対戦し、150キロを超す真っすぐを投げる安楽投手のすごさに、こういう投手がプロに行く投手だと感じたことだろう。この安楽投手の存在によって、プロに行くならもっと成長してドラフト1位でプロへ、そんな思いがあったのかもしれない。

また中学時代は沖縄県でプレーしていて、そのころ見ていた沖縄尚学の東浜巨投手や、興南高校の島袋洋奨投手が甲子園で優勝したにもかかわらず、東京の大学へ進学している。沖縄県出身の野球選手は、東京の大学に行くケースが多く、嘉陽投手も東浜巨投手や嶺井博希捕手が進学した亜細亜大へと進んだ。

 

プロも将来性にかけた

以前、元西武のスカウトをしていた日野氏は高校生の評価について、現在の評価と将来の評価の2つの軸を持っていると話した。高校生で良いと思った選手がいても、大学・社会人で成長してから、という判断をすることもある。それは、野球の能力だけでなく、人間としての成長、都会に住むことの対応など様々なことを考慮している。

また選手の指名人数も球団によって限りがある。将来は有望と思える選手がいてもチーム状況を優先することがほとんどだという。

 

嘉陽投手には東都大学リーグで厳しい中でも勝ち抜いて、4年後にはドラフト上位候補として成長する姿を見たのだろう。その期待に早くも応えている。これからどんな成長をするのだろう。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【野手編】2015年のドラフト候補は?元西武スカウト・日野茂氏の評価

 あと1週間に迫ったドラフト会議、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏がチェックした、今年のドラフト候

記事を読む

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

早稲田実・清宮幸太郎選手を、元プロ野球スカウトがチェック

 松井以来の怪物、和製ベーブルースと報道される早稲田実業高校の清宮幸太郎選手、まだ1年生の4月ではあ

記事を読む

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む

スカウト会議で話し合われる内容は?

 スカウトは今、大学生の甲子園とも呼ばれる大学野球選手権大会のために、そして高校野球の夏の予選を前に

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑