*

松井裕樹投手とコーチの指導

公開日: : 最終更新日:2014/04/25 プロ野球

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合後に降格となった。まだ早かったのではないか、監督やコーチの指導がまずかったのではないかなど、いろいろな意見が出ることだろうが、投手の指導は一概に言えない難しさがある。

 

オープン戦からの成績

 松井裕樹投手のオープン戦からの投球内容をまとめる。

オープン戦

  • 2月24日 対巨人     2回0安打2奪三振0四球0失点 
  • 3月 5日 対千葉ロッテ  5回4安打6奪三振0四球0失点
  • 3月13日 対オリックス  5回2安打4奪三振2四球0失点
  • 3月16日 対横浜DeNA  4回4安打5奪三振1四球2失点

ここまで16回10安打17奪三振3四球2失点、奪三振率9.56、被打率.208、与四球率1.31

リーグ開幕

  • 4月 2日 対オリックス    6回    5安打 6奪三振 5四死球 3失点
  • 4月 9日 対北海道日本ハム  3回1/3 3安打 7奪三振 5四死球 2失点
  • 4月16日 対福岡ソフトバンク 5回    5安打 4奪三振 6四死球 3失点
  • 4月23日 対埼玉西武     5回    5安打 6奪三振 8四死球 5失点

リーグ戦は19回1/3 で18安打、23奪三振、24四死球、13失点、奪三振率10.73、被打率.310、与四球率5.08

 

結果を見ると、与四球率は非常に増え、被打率も1割以上も増えてしまっている。しかし奪三振率は逆に多くなっている。ヒットを打たれるのを恐れて四球を出しているような形ではなく、バッターが変化球の見極めをするようになったり、高めのストレートを振らなくなったりなのだろうか。また、被打率も上がっている所を見ると、バッターが打つボールを絞るようになったり、または松井投手のストレートや変化球がオープン戦よりも良くない事も考えられる。

いずれにしてもリーグ戦に入ったとたんに成績が大きく変わっている所を見ると、徐々にフォームが悪くなったりと言う事は無さそうである。

 

首脳陣、コーチの役割は

 キャンプやオープン戦で佐藤義則コーチの指導が入ったことが話題となった。また「どこから手を付けていいか、課題がたくさんある」というコメントも聞こえている。また星野監督もリーグ戦の投球を見て、「あんな投手見たこと無い」と言ったという報道もされている。

佐藤コーチの指導については、キャンプの時から入っており、松井投手もそれですぐにフォームを変えたりという事もなかったようだ。オープン戦ではそれで結果を出ていたので良かったが、リーグ戦で四球を出すようになると、松井投手にもフォームの迷いが生じて、佐藤コーチの指導を急に取り入れるようにしたのかもしれない。

指導の内容は良いか悪いかは今はまだわからないが、ただしリーグ戦に入って急に結果が出なくなったことからすると、指導の内容が悪かったと言う事はなさそうだ。

あるとすれば、松井投手がフォームをすぐに変えられる柔軟性がある投手なのかどうかを判断できなかった事だろう。柔軟に対応できる投手ならば次の登板までに修正できるかもしれないが、松井投手はそういう投手では無かったようだ。もっと早く2軍に落として、昨日の試合の苦い経験をさせる事は無かったかもしれない

 

1勝したらガラッと変わる投手もいるので、星野監督も佐藤コーチもそう考えたのだろう。これはやってみなければわからないが、結果は悪い方に出てしまった。これから松井投手がどのように這い上がってくるのか、長い目で見守る必要がある。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑