*

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

公開日: : プロ野球

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が貯金6つで首位、巨人は貯金が3つで2位となり、逆に東京ヤクルトは借金4つ、横浜DeNAは借金8つと苦しんでいます。出場選手登録からチーム状況を見てみます。

 

出場選手登録・抹消

ここまでのセントラルリーグ6チームの出場選手登録、抹消の状況をまとめました。4月4日までの情報は、開幕に合わせて先発投手が登録されるなど入れ替わりが多いため、表には入れていません。

  広島 巨人 阪神 中日 東京ヤクルト 横浜DeNA
–  登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消
4/5 土         秋山 岩本             
4/6 日 今村 久本     渡辺 秋山 藤井 工藤        
4/7 月                   村中
中澤 
  西森
4/8 火                 ナーブソン
真田
  荒波  
4/9 水     今村 青木     エルナンデス        
4/10 木         歳内
鶴岡
渡辺
清水
           
4/11 金 上本 岩本     伊藤  歳内 朝倉 若松     土屋
下園
菊地
宮崎 
4/12 土             ゴメス 福田 ロマン
今浪
森岡
ミレッジ
嶺井 黒羽根
4/13 日                 木谷 押本    
4/14 月                        
4/15 火                        
4/16 水                        
4/17 木                       ブランコ
4/18 金     久保 今村             中村  
合計人数 2人 2人 5人  4人 5人 5人

※阪神は3月30日に西岡剛選手がケガのため抹消、東京ヤクルトは4月2日にバーネット投手がケガのため抹消。

 

上位2チームは入れ替えが少なく、オープン戦で選手を見極めてそのままの状態でシーズンも成績を残せている。逆に、中日は4人、阪神、東京ヤクルト、横浜DeNAは5人を入れ替えているが、阪神は序盤に西岡剛選手のケガや乱打戦となる試合が多く低迷したものの、先発、リリーフ投手、そして捕手の入れ替えが成功し、現在は3位となっている。

中日も調子がオープン戦などで期待されていた工藤選手がケガのため抹消となっているが、特徴的な動きはみられない。

逆に、東京ヤクルトはリリーフエースのバーネット選手や好調だった森岡選手がケガのために離脱し、横浜DeNAも正捕手だった黒羽根選手や、4番のブランコ選手が抹消となり、チームの軸の部分がケガのため失われている厳しい状況となっている。

 

今の時期は、まだ選手の疲労による入れ替えは少なく、期待していた選手が結果を残せなかった事による入れ替えが多いと推測できる。ケガによる入れ替えの多い球団はやはり低迷してしまう。

下位4球団が入れ替えを行って、チームが安定した状況になるか、今後のペナントレースのカギとなる。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

変わる背番号

プロ野球では新入団選手の発表が行われ、また他球団からの移籍選手や新外国人選手の入団なども続々ときまっ

記事を読む

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

中畑清監督について、駒大の後輩・石毛宏典氏が語る

横浜DeNAの監督を4年間務めた中畑清監督が、前半は首位だったものの後半失速し、最下位に沈んだことを

記事を読む

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑