*

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

公開日: : プロ野球

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が貯金6つで首位、巨人は貯金が3つで2位となり、逆に東京ヤクルトは借金4つ、横浜DeNAは借金8つと苦しんでいます。出場選手登録からチーム状況を見てみます。

 

出場選手登録・抹消

ここまでのセントラルリーグ6チームの出場選手登録、抹消の状況をまとめました。4月4日までの情報は、開幕に合わせて先発投手が登録されるなど入れ替わりが多いため、表には入れていません。

  広島 巨人 阪神 中日 東京ヤクルト 横浜DeNA
–  登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消
4/5 土         秋山 岩本             
4/6 日 今村 久本     渡辺 秋山 藤井 工藤        
4/7 月                   村中
中澤 
  西森
4/8 火                 ナーブソン
真田
  荒波  
4/9 水     今村 青木     エルナンデス        
4/10 木         歳内
鶴岡
渡辺
清水
           
4/11 金 上本 岩本     伊藤  歳内 朝倉 若松     土屋
下園
菊地
宮崎 
4/12 土             ゴメス 福田 ロマン
今浪
森岡
ミレッジ
嶺井 黒羽根
4/13 日                 木谷 押本    
4/14 月                        
4/15 火                        
4/16 水                        
4/17 木                       ブランコ
4/18 金     久保 今村             中村  
合計人数 2人 2人 5人  4人 5人 5人

※阪神は3月30日に西岡剛選手がケガのため抹消、東京ヤクルトは4月2日にバーネット投手がケガのため抹消。

 

上位2チームは入れ替えが少なく、オープン戦で選手を見極めてそのままの状態でシーズンも成績を残せている。逆に、中日は4人、阪神、東京ヤクルト、横浜DeNAは5人を入れ替えているが、阪神は序盤に西岡剛選手のケガや乱打戦となる試合が多く低迷したものの、先発、リリーフ投手、そして捕手の入れ替えが成功し、現在は3位となっている。

中日も調子がオープン戦などで期待されていた工藤選手がケガのため抹消となっているが、特徴的な動きはみられない。

逆に、東京ヤクルトはリリーフエースのバーネット選手や好調だった森岡選手がケガのために離脱し、横浜DeNAも正捕手だった黒羽根選手や、4番のブランコ選手が抹消となり、チームの軸の部分がケガのため失われている厳しい状況となっている。

 

今の時期は、まだ選手の疲労による入れ替えは少なく、期待していた選手が結果を残せなかった事による入れ替えが多いと推測できる。ケガによる入れ替えの多い球団はやはり低迷してしまう。

下位4球団が入れ替えを行って、チームが安定した状況になるか、今後のペナントレースのカギとなる。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。  20

記事を読む

OBへの尊敬

昨日、侍ジャパンと強化試合で対戦した台湾のナショナルチーム、その4番を打った陳金鋒選手のセレモニーが

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

選手の成長とケガのケアに重点を置いた、工藤監督の福岡ソフトバンク優勝に石毛宏典氏語る

 工藤公康監督が就任して1年目の福岡ソフトバンクがパリーグ優勝を果たした。コーチ未経験での就任1年目

記事を読む

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

記事を読む

プロ野球には夢がある

プロ野球には夢がある。だから多くの少年がプロ野球選手を目指す。 プロ野球で非常に悲しい出来事が起こ

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑