*

内野守備、ボールを中に入れて右、左

公開日: : 少年野球指導

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練習、そして打撃の練習となります。内野守備では、1対1でゴロを捕球する練習をしたり、ノックを受けるでも単独でノックを受けたり、内野全体の一連の流れを想定して行ったりします。しかし基本となるのはゴロの捕球です。

 

ゴロの捕球の基本

ゴロの捕球の基本となる事は、体の正面で捕ること。打球に対して両足を平行に開き、両足の真ん中の位置で捕球します。ただし、練習を行っていてコーチからは、その打球への入り方に指示が入ります。

ノックは基本的にそれほど強くない、ポジションの位置から大きく離れていない所に打たれ、それを捕球します。ですがボテボテの打球や高いバウンドの打球といった前の打球が多い感じがします。左右に振っていると言うよりは前後に振っているようです。

そうして、身体近くの左右のゴロに対してはフットワークを使って両足の中に入れて捕球し、前の打球も前にダッシュした後で両足の中に入れて捕球します。

 

右、左のリズム

 ただし、この前の打球が厄介なようで、小学生の選手は前に出て来すぎ、ボールに近い所で捕球体勢を取ろうとして間に合わなかったり、または捕球体勢を早く取り過ぎて、待って取っていたり、いろいろなプレーが見られます。強い打球は自分の方に向かってくるのですが、このように自分で打球に合わせる方が難しいように感じました。

そしてコーチ陣から良く出ている指示は、両足の中に入れて、右、左、という事です。内野手の場合、送球は一塁、二塁方向と左側に投げることが多く、両足を開く時には右足、左足のステップで取っている選手は、スムーズに送球のステップを行っています。また上手い選手は一連の流れにリズム感があります。

まずは打球の正面に入る、そして捕球体勢に入る時の打球と自分との距離感をつかむ事、そして、その後にフットワークとリズムで右足、左足、そして捕球してスローイングへ。この流れをつかむようにしましょう。

 

zeroベースボールアカデミーの内野守備練習は、清水宏悦校長、上田浩明コーチがノックをし、日野茂顧問が後ろからチェックをするという、元プロ野球の内野手のスペシャルチームで行われます。興味のある方は是非練習を見てみてください。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

少年野球選手の肩と肘を守る

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.ht

記事を読む

元プロ野球選手でも特別な事は教えない

小学生や中学生の選手に元プロ野球選手が教える野球塾、やはり元プロ野球選手がどのように指導をするのか、

記事を読む

野球教室トレーニング

野球はフットワーク!

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、小学校低学年から中学生、そして大人まで、元のプロの選手が

記事を読む

野球の練習で頭を使う事の大切さ

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは1日にキャッチボール、守備練習、そして打撃練習を効率よく進

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑