*

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

公開日: : 大学野球

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって今はどんな時期なのでしょうか?

 

全国への道、大学野球編

高校野球では、暑い夏の都道府県大会と甲子園が最大の目標となり、夏に向けて練習をしています。

ですが大学生にとっては6月に明治神宮球場、東京ドームで行われる全日本大学野球選手権大会が、大学生にとっての甲子園となります。特に大学生にとっては神宮球場が聖地となります。

大学野球リーグの場合、高校野球と同じかそれ以上に中央と地方に戦力差が見られます。有力な高校野球選手の多くが東京六大学リーグ、または東都大学リーグの大学に進むためです。そのため、選手権のトーナメントは、東京六大学と東都リーグはシードされ、決勝戦まで対戦しないようになっています。

大学野球は地方の大学の選手が、中央の大学の選手にチャレンジするような図式になっているようです。過去10年間を見ても東都大学リーグが4回、東京六大学が3回優勝をしています。しかし、2004年は仙台六大学リーグの東北福祉大、2005年には阪神大学リーグの大阪体育大、そして2013年には関甲新大学リーグの上武大が優勝を果たし、地方リーグで成長した選手が中央の大学の選手を打ち破っています。

地方の大学リーグのチームや選手にとっては、中央の大学と対戦する事で自分たちの実力が分かるのです。

 

進路を決める時

また、もうひとつ大学生にとっては大切な季節となります。大学生にとって4月、5月というのは、周りの大学4年生は就職活動を行ったりと続々と進路を決めていく季節です。野球選手にとっても、これから野球を続けるのか、それとも本格的な野球はこれで終わり就職をするのか、という人生の大きな判断をしなければなりません。

多くは小学生から高校、大学と野球をしてきた選手です。そしてその中の多くは、野球と別れる決断をしなければなりません。推薦などを得にくい大学では、就職活動のために試合に出られなくなる選手もいたりします。

また野球をこれからも続けられそうな選手は、社会人チームへの内定がほとんどがこの時期に決まります。

さらに、「プロ野球に行けるのかどうか」も重大な決断になります。プロ野球に行けるかどうかは10月に行われるドラフト会議で初めてわかるため、もしそこで指名をされずプロ野球へ進めなかった場合は、他の選手よりも大きく出遅れる事になります。先日も、プロ野球のスカウトから注目されていた、名古屋大学のエース・七原優介投手がトヨタ自動車入りを決めたようです。これもまた難しい決断をしなければなりません。

 

大学生にとってこの季節は、野球でも野球以外でも非常に大切な時期になります。野球を続けられる選手、今年で野球を辞める選手がいて、その中で熱い戦いを見せてくれている大学生選手達、是非応援をしてください。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

来年の野球はどうなる? その2:大学野球

  今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。今日は大学野球について。

記事を読む

来年は野手に注目選手が!2015年のドラフト

 ドラフト会議の目玉選手は多くは投手の場合が多い。しかし来年は久しぶりに野手が注目される年となりそう

記事を読む

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

東京大の勝利は近い

 日曜日の東京六大学、慶応大vs東大の試合は10-4で慶応大が勝利し、東大がリーグの連敗記録を78へ

記事を読む

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む

東京六大学・東都が初戦敗退、地方大学の波

 大学野球選手権の2日目、東京六大学代表の慶応大が神奈川大に敗れ、東都大学リーグ代表の亜細亜大が創価

記事を読む

さよなら、僕の野球!大学野球選手権と野球からの卒業

 5月、大学野球の春季リーグ戦が終わり、大学野球の春のクライマックスである大学野球選手権が行われてい

記事を読む

大ブレーク、創価大・田中正義投手

 侍ジャパン大学代表とプロ野球(NPB)の若手選手が対戦したユニバーシアード壮行試合、創価大の田中正

記事を読む

【ドラフト会議特集7】ドラフトの目玉、早稲田大・有原航平投手はプロで活躍できるか

 今年のドラフト会議(10月23日)まであと10日を切り、各球団の動きも最後の慌ただしさを見せている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑