*

この季節の高校野球、チームの形ができる時

公開日: : 高校野球

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷めぬまま、各都道府県で春季高校野球大会が開催されます。また、社会人野球も各地で大会が行われます。

一般の人(少し野球を知っている人)が知っているアマチュア野球大会というと、春・夏の甲子園と、東京六大学の早慶戦、社会人の都市対抗野球になるでしょうか。この時期の大会は一般にはあまり知られていませんが、全国大会へと繋がる大切な季節になります。

全国への道、高校野球編

まず高校野球では有名なのは、夏の甲子園大会。そしてそこに出場するためには、都道府県の大会で優勝しなければなりません。昨年は3957校が夏の都道府県大会に参加し、出場できるのは49校です。

特に、最も出場校の多い神奈川県は昨年で190校がトーナメントで戦っており、最も多い場合は8試合を勝たなければなりません。しかも、勝ち上がるにつれ次の試合までの間隔が近くなり、毎日試合が行われるようになり、多くの選手を抱える強豪校でも過酷な大会となっています。

そこで、1試合でも試合を少なくすることで体力の消耗を抑えるべく、シード校として2回戦から参加したいと考えたくなります。またシード校は別々のブロックに配置されるため、シード校になれば、同じシード校とは終盤まで対戦しなくなります。

そのシード校が決まるのが、高校野球春季大会になります。

 

成長と新戦力

もちろん、夏の大会を有利にするために春季大会を戦うのではありません。選抜高校野球に出場していない高校は、今年初の公式戦となります。

高校生は成長が著しく、また精神的にもいろいろな事があり、急激に成長したり、まったくプレーができなくなったりと言う事も少なくありません。昨年までプレーをしていた選手がそれぞれ2年生、3年生になり、冬や春の練習でどれだけ成長をしているのか、それを確認してチームとしてもレギュラーを絞っていく時期になります。

またもう一つあります。4月に高校に入学した選手にとっては、初のあこがれの高校野球になります。中学時代に既に注目されている選手もおり、また上級生以上のプレーをする選手もたくさんいます。それらの選手がどれくらいの力を持っているのか、腕試しをする季節でもあります。

こうしてチームの形が出来上がってきます。戦力の変化により昨年とは全く違ったチームになるのが、高校野球の楽しさであり難しさであると言えます。

 

各地で熱戦が繰り広げられています。日本ではこの季節は、次第に温かくなりさわやかな季節、そして春に出た芽が大きく伸びる季節です。植物も人間も一緒かもしれません。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。 意外な選考

記事を読む

【センバツ注目選手】遊撃手編~その1~ 仙台育英・平沢大河選手を元プロスカウトが評価する

 今月21日に開幕するセンバツ高校野球大会が近づいてまいりました。3月13日には組み合わせ抽選会が行

記事を読む

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校す

記事を読む

高校野球、エラーで負けてしまった選手たちへのメッセージ

 夏の高校野球大会、甲子園では49校による48試合が行われ、そのうちサヨナラで試合が終わったのは5試

記事を読む

高校野球の監督の情熱

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

甲子園でホームランを打つのは5000人に1人の奇跡

 夏の高校野球、今大会は既に10号ホームランが出ている。甲子園でホームランを打つ事ができるのは、全国

記事を読む

【高校野球】レギュラーをめぐる戦いがスタート

 夏の高校野球大会が8月25日にやや遅めに幕を閉じて1週間と少し、高校野球はその大会中からすでに、来

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑