*

野球塾から高校野球、そして

公開日: : 少年野球指導

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが、2011年に北海道日本ハムに入団した松本剛選手など、プロ野球に入る選手もいます。

小学生から野球塾に通い、中学生になって体が大きくなり、名前のある高校に進む選手もいますが、中学3年生になり受験のために卒業する選手など様々です。

 


教えた選手が気になる

野球塾では練習前にコーチが集まり話をしていますが、話に出るのは今日練習を行う選手の指導の方法、そして野球塾を卒業した選手の近況についてです。

選手の名前の方を出すと、「あー、あいつは今、どこどこ高校でこの前試合に出ていた」などと、教えた選手の事をコーチはいつまでも気になっているようです。

厳しい野球の世界です。元プロ野球選手の指導を受けたからといって、必ず結果が出ると言う事はありません。名のある高校に進学したものの、「今は内野の控えだな・・・」と、厳しいポジション争いをしている選手の話も聞きます。

 

高校や大学に行ってからも

 その中で、東都大学リーグの1部にいる大学の野球部に進んだり、有名高校で4番を打っている選手もいたり、中学生でも強豪の少年野球チームでレギュラーで出場していたり、うれしい話もたくさん聞きます。そして、卒業した選手もちょくちょく野球塾に連絡を入れてくるようです。

一般的には高校野球に進むと、大会の出場メンバーが新聞や雑誌に掲載され、一般的に名前が出る野球選手として扱われるようになります。まずはチーム内のレギュラーを競い、他の高校と競って都道府県大会、地区大会、そして甲子園を目指します。そこで活躍を見せて、大学、そしてプロという道に繋がってゆきます。

高校、大学で厳しい競争をしていても、この室内練習場で練習した時間も時には思い出して、最後に野球をやっていて良かったと言えるような野球人生にしてほしいですね。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球の練習で頭を使う事の大切さ

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは1日にキャッチボール、守備練習、そして打撃練習を効率よく進

記事を読む

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

【ドラフト会議特集12】プロ入りする選手はどこが違うのか

 今日はドラフト会議当日となる。野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、2011年に北海道日本ハ

記事を読む

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

キャッチボールが全て!

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャ

記事を読む

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

内野守備、ボールを中に入れて右、左

Zeroベースボールアカデミーの練習メニューは、ほとんどの場合、まずキャッチボールの後、内野守備の練

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑