*

キャッチボールが全て!

公開日: : 少年野球指導

野球塾のZEROベースボールアカデミーの練習メニュー、キャッチボールに多くの時間を取ります。なぜキャッチボールに多くの時間を取るのか、お話を聞きました。

 



 

肩は全てのポジションに共通

野球は打って、捕って、走って、投げるスポーツです。その中で投げることは、投手や捕手だけでなく、内野手、外野手全てのポジションで必要となります。小学生から野球を始めて中学、高校、大学と野球を続けていくと一体何球投げることになるのか、検討もつかないほどです。

それだけ投げると言う事は、肩や肘をそれだけ使うと言う事になりますが、投げ方が良くないと肩は肘を痛めてしまう事が多くなります。そして肩や肘を痛めると、野球を続ける事ができなくなることもあります。小学生の時から肩や肘を傷めにくいフォームを身につけておくことが大切です。

 

野球塾のキャッチボール

 同じキャッチボールでも本当にいろいろな投げ方があるものだと感心するほど、それぞれ個性のあるフォームで投げています。ZEROベースボールではキャッチボールに多くの時間を費やし、3人の元プロ野球コーチが順番に見て、手取り足取りで投球フォームを指導します。これは毎週必ずやるので、繰り返し繰り返し指導さて、徐々に怪我をしにくいフォームになってゆきます。

投球フォームの指導はキャッチボールだけではありません。内野守備の連携の時にバックホームする時のスローイングなどにも、気を抜いた球を投げると注意されます。指導されているときだけでなく、どんな時にも意識をしてスローイングをすることで、それが身につくことになるようです。

 

投手でなくても

投手を目標としていなくても、投球フォームは長く野球を続けるために大切にしてください。強い球を投げて、ヒジや肩を壊さない事で、ポジションの幅も広がり、そして長く野球を続ける事ができるようになります。

 

野球塾・ZEROベースボールの少年野球指導では、元プロ野球の指導者や選手がどんな教え方をしているのか、これから紹介してまいります。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日本人と野球と感謝

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと

記事を読む

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

野球教室トレーニング

野球はフットワーク!

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、小学校低学年から中学生、そして大人まで、元のプロの選手が

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

【ドラフト会議特集12】プロ入りする選手はどこが違うのか

 今日はドラフト会議当日となる。野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、2011年に北海道日本ハ

記事を読む

【少年野球】投手に最も大切なのは?

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、毎週月曜日に投手の練習を行っている。投手の練習は野手よ

記事を読む

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑