*

解説・顧問 : 日野茂氏プロフィール

スカウトから二軍監督、一軍ヘッドコーチを経験し、数多くの選手を育てる

千葉県立船橋高校-中央大学-松下電器

1967年 ドラフト外で中日ドラゴンズに入団
1972年 西鉄ライオンズ移籍
1979年 西武ライオンズコーチ
1984年 西武ライオンズ二軍監督
1998年 横浜ベイスターズ二軍ヘッドコーチ
2000年 湘南シーレックス監督
2003年 横浜ベイスターズヘッドコーチ

プロ野球の経験

クラウンライターズ、西武ライオンズではスカウトとして活動をし、故・根本陸夫と共にスカウト活動を行った。また、コーチ、二軍監督、一軍ヘッドコーチを歴任し、プロ野球のフロントから現場までを経験している。

 現在はゼロベースボールアカデミー顧問として、小学生、中学生、社会人に野球を指導する。2014年にはアマチュア指導資格回復制度で承認された。

 

幻のライブドア編成、1位はダルビッシュ・有投手

2004年のオフにはライブドアがプロ野球に参入する方針を決め、日野氏は編成担当として打診されていた。そしてそのオフのドラフト会議では、東北高校だったダルビッシュ・有投手の指名を考えていたという。

もしライブドアが参入していたら、エースはダルビッシュ投手だったかもしれません。

 

少年野球の指導方法

野球のすべての基礎であるキャッチボールについて、肩や肘を壊さないキャッチボールの指導に定評がある。また野球少年と接しながら指導し、決められた形ではなく一人一人に合った指導方法を行う。

 

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは

プロ野球のスカウト時代の裏話や、プロ野球のコーチ、二軍監督としての経験による、プロ野球選手の指導方法、さらに、少年野球の指導に関する話題や解説をしてまいります。


公開日:
最終更新日:2015/07/02



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑