*

「 少年野球指導 」 一覧

野球も変わっていく

2017/02/15 | 少年野球指導

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進んでいくのか。 技術と力 野球は技術のスポーツなのは間違いない。格闘技のように直接相手と戦うので

続きを見る

上の学年を目指して

2017/01/10 | 少年野球指導

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差がある。中学生、高校生では、1年生の中には3年生よりも体が大きかったり、パワーも足も追い越している選手が

続きを見る

目標を立てる

2017/01/05 | 少年野球指導

2017年がスタートしました。野球選手の皆さんも、「大会で優勝すると」、「来年の進路を決める事」、チームで、個人で、今年1年の目標を立てていることでしょう。もう一つ、決めてほしい事があります。 1年

続きを見る

日本人と野球と感謝

2016/05/12 | 少年野球指導

小さなころから野球をやっている選手は、練習や試合の前と後に自然にグランドに礼をしているのではないかと思います。台湾のプロ野球で始球式を行った稲村亜美さんが、投球後にマウンドを手で均している姿が移り、1

続きを見る

様々なプレーを経験をしておくことの大切さ

2016/05/10 | 少年野球指導

元プロ野球選手が教える野球塾のゼロベースボールアカデミーでは、4月のある日、逆シングルのプレーの練習をしていた。小学生も中学生も変わらずに。 経験をしておくと全然違う 4月の時期は、野球塾にとって

続きを見る

野球を考える時間を毎日つくる

2016/04/15 | 少年野球指導

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。それによって、毎日野球を考える習慣がついた。元西武ライオンズの石毛宏典氏も、毎日少しでもいいので野球

続きを見る

プロは基本を必ずやる

2016/04/12 | 少年野球指導

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさやなどではなく、基本として自らが教えているプレーや動作を、必ずやっているという事。 体に染みついて

続きを見る

希望を持って前に!

2016/03/29 | 少年野球指導

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている。 新シーズン それぞれ学年があがり、そして小学校から中学生、中学生から高校生、高校生から大学生

続きを見る

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

2016/03/28 | 少年野球指導

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細な配球データを元に、次は変化球やインコースなど狙い球などを読んだり、ヒットやホームラン後に配球を振り

続きを見る

バッティングの課題を気付かせる方法

2016/03/08 | 少年野球指導

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり取り上げられた。打撃に課題があるが少しずつ改善され、オープン戦などで結果を残しているという形で報道さ

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑