*

「 プロ野球 」 一覧

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016/12/12 | プロ野球

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。 セリーグの成績 セリーグは5月頃までは、大きく沈んだDeNA以外の5チームが接戦を見せ、巨人も力

続きを見る

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

2016/12/09 | プロ野球

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックスの主軸またはリードオフマンだった糸井嘉男選手が阪神に移籍、巨人は投手を二人獲得し、さらに北海道日本ハ

続きを見る

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016/11/30 | プロ野球

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。 パリーグの成績 パリーグは最大11.5ゲーム差を逆転し、北海道日本ハムが優勝を収めた。前半飛ばし

続きを見る

小さな選手も大きな活躍ができる

2016/11/16 | プロ野球

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉と言われている。清宮選手は183cm、安田選手は188cmとみるからに体が大きく、歩いているだけで「

続きを見る

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

2016/11/11 | プロ野球

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称されるキャンプで汗を流している。 秋季キャンプはなぜ地獄か 「秋季キャンプは春のキャンプとは目的が違

続きを見る

2016年ドラフト指名選手を評価する

2016/10/26 | プロ野球

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手について評価をお願いした。また、来年の新人王候補についても聞いてみた。 中日がドラフト1位で指名した明

続きを見る

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

2016/10/25 | プロ野球

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。その石毛氏に2016年日本シリーズの1,2戦の戦い方を分析してもらった。 よそ行きの野球をしている

続きを見る

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

2016/09/26 | プロ野球

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北海高校が、作新学院・今井達也投手の攻略に多くの打者がバスターの構えからヒッティングを行った。しかし石

続きを見る

エースの系譜はあるのか?

2016/08/15 | プロ野球

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると言われる。12球団の1980年代からのエースと呼ばれる投手を見てみた。 エースの系譜はあるのか?

続きを見る

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

2016/07/20 | プロ野球

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、びっくりするほど大きな体でもないのだが、昨年は38本、今年もすでに29本のホームランを放ち、打率.32

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑