*

「 プレー解説 」 一覧

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

2018/04/25 | プレー解説

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視されるプレーの一つである。その盗塁にはどのような技術が必要なのか、一流のプロ野球選手が何を意識して盗塁をしているのか、プロ野球通算24

続きを見る

エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

2017/11/27 | プレー解説

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラーをしたことがあるでしょう。大切なのは、そのエラーをした時に、どんな姿勢を見せるか、そしてチームメイトがエラーをしてしまったときに、

続きを見る

疑う事を知っている守備

2016/12/26 | プレー解説

メジャーリーグにおいてもゴールドグラブが発表された。日本のプロ野球において10度のゴールデングラブ賞を獲得している、石毛宏典氏にプレーを見てもらうと、面白い表現をした。 ボールを疑う事を知っている

続きを見る

オリックスの新星・吉田正尚選手について、石毛宏典が語る

2016/09/16 | プレー解説

オリックスのルーキー・吉田正尚選手が、リーグ終盤戦に入ったパリーグをにぎわせている。当サイトでも青山学院大時代の吉田選手について紹介をしてきたが、プロでのプレーを元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。

続きを見る

こういうプレーはプロ野球選手として恥ずかしい

2016/06/29 | プレー解説

6月25日の横浜DeNA-巨人の試合、2回裏に阿部選手が犯したエラーに、元プロ野球選手で中央大の先輩である日野茂氏は、「プロ野球選手として恥ずかしい」と話した。どんなプレーだったのか? 悪送球 場

続きを見る

石毛宏典、日野茂がショートについて語る

2016/01/25 | プレー解説

現役時代、球界を代表する遊撃手だった元西武ライオンズの石毛宏典氏、中日ドラゴンズなどでショートを守り、その後、プロ野球のコーチとして内野の守備を教えていた日野茂氏に、ショートについて語ってもらった。

続きを見る

バッティング理論の説明の仕方

2015/05/08 | プレー解説

 バッティングの理論で、「上からたたく」「腰の回転で打つ」という言葉を耳にすることもあると思います。しかし、「上からたたく」と聞いて、どんなバッティングなのかわかるでしょうか?おそらく10人中10人が

続きを見る

消えるあいまいなプレーと審判の責任

2014/09/10 | プレー解説

 野球にかかわらず、柔道やレスリングなどでビデオ判定が導入されるなど、これまで審判によって判断されていたあいまいなプレーが許されない時代となってきた。  野球に関しては、慣例的にアウトにしていたケー

続きを見る

プレー解説:ノーアウト2,3塁、内野ゴロでランナーはどうする?

2014/09/08 | プレー解説

 野球でプレーをしていて、難しいもののひとつにランナーの判断があります。プロ野球でもライナーの判断ミスによってアウトになったり、得点が奪えなかったりといったプレーが1試合に1回はあるのではないでしょう

続きを見る

プロ野球のコーチはこういうプレーを見逃さない!

2014/08/07 | プレー解説

 日野茂氏は中日ドラゴンズや西武ライオンズで内野手としてプレーし、その後、西武ライオンズや横浜ベイスターズで内野守備を中心にコーチを務め、2軍監督はヘッドコーチなどを務めた。埼玉県の野球塾・ゼロベース

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑