*

「 アマチュア野球 」 一覧

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

2016/05/02 | 高校野球

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の春季大会が真っ盛りで、いよいよ夏への意識が本格的なものになってきた。センバツで注目された投手のうち、

続きを見る

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

2016/04/27 | 高校野球

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫すれば、まだまだうまくなる」と実感したという。 打撃練習を守備練習に活かす そのチームは人数も多

続きを見る

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

2016/04/25 | 高校野球

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い歴史を持つ高校野球、様々な選手や指導者、関係者によって100年間磨き続けられ世界に例をみなアマチュア

続きを見る

ドラフト候補の勝負の季節

2016/04/11 | アマチュア野球

今年のドラフト戦線も、序盤戦から中盤戦に入ってきた。この時期にスカウトの目に留まった選手が、夏以降に複数のスカウトにチェックをされ、プロへの扉に近づく事になる。 高校、大学、社会人のモチベーション

続きを見る

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする。社会人野球も静岡大会、四国大会、岡山大会と続いていく。 新戦力に注目 まず、社会人の大会で注目

続きを見る

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

2016/03/31 | 高校野球

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝ではフレッシュなカードで熱戦が期待できる。今大会は非常に素晴らしい試合が多かった。 春に涙を流す

続きを見る

小豆島と小豆島高校と甲子園

2016/03/22 | 高校野球

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを見せた。小豆島高校に今の高校野球の立ち位置を見てみる。 選手宣誓 小豆島高校の樋本主将が行った選

続きを見る

社会人野球出身スラッガーは誕生するか

2016/03/14 | 社会人野球

 福岡ソフトバンクで活躍していた松中信彦選手が引退を表明した。松中選手といえばプロでの活躍ももちろんだが、新日鉄君津(現新日鐵住金かずさマジック)時代の強烈な打撃と、1996年のアトランタ五輪の決勝の

続きを見る

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

2016/03/09 | 高校野球

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手として期待されている選手がいる。 平沢大河に続くか 昨年のドラフト会議で2球団が1位指名し、千葉

続きを見る

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

2016/02/12 | 高校野球

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プロが大きな期待を持ち、登板を待っている投手がいる。それが大阪桐蔭・高山優希投手だ。 大阪桐蔭・高山

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑