*

「 高校野球 」 一覧

高校野球の名将の引退

2014/07/24 | 高校野球

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は2007年に甲子園で優勝をした監督だが、その恩師というのが佐賀工業の吉丸監督だった。その吉丸監督は27年

続きを見る

高校野球の魅力と変わること

2014/07/14 | 高校野球

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球の間隔を広げる日程で大会を行うように提案した。そして、高校野球連盟がタイブレークの導入を検討している

続きを見る

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

2014/07/10 | 高校野球

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応援歌を紹介します。  かつては東京六大学の応援をベースとしたものが多かったのですが、多くの高校が同

続きを見る

公立高校の夏は激アツ!?

2014/07/08 | 高校野球

 夏の高校野球の興味の一つに、公立高校と私立高校の戦いというものがあります。私立高校では県外から選手を呼び寄せたりとスカウティングを行ったりしています。しかし公立高校は基本的に同一都道府県で、しかも学

続きを見る

高校野球の応援曲のルーツ~第1回:東京六大学~

2014/07/07 | 高校野球

 高校野球のスタンドでの応援は、高校野球の花の一つである。この応援によってチームに勢いがつく。また野球部以外の応援部、チアリーダー部やブラスバンド部、その他の部が応援の練習をし、その高校の生徒、OB、

続きを見る

高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?

2014/07/03 | 高校野球

 高校野球連盟は2014年5月末現在の部員数を発表し、昨年より3224人多い170,312人となったことを発表した。1982年の調査開始以降で初めて17万人越えとなった。少子化となっている中でなぜ部員

続きを見る

高校野球は変われるか?

2014/06/30 | 高校野球

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら敗れ去った選手も含めて。時には悲劇的な敗者もヒーローになることがある。  炎暑の中で連投し、それで

続きを見る

大谷・藤浪世代で次に出てきそうな選手と、その次の世代

2014/06/13 | 高校野球

 プロ野球では6月11日に北海道日本ハムvs巨人戦では北海道日本ハムの大谷翔平投手、阪神vs千葉ロッテ戦では阪神の藤波晋太郎投手、そして中日vs福岡ソフトバンク戦では中日・浜田達郎投手が先発した。3人

続きを見る

この季節の高校野球、チームの形ができる時

2014/04/14 | 高校野球

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷めぬまま、各都道府県で春季高校野球大会が開催されます。また、社会人野球も各地で大会が行われます。

続きを見る

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014/04/04 | 注目選手, 高校野球

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいましたが、その中でもやはり佐野日大・田嶋大樹投手の評価は高くチームは準決勝で敗れたもののベスト4まで勝ち上

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑