*

「 高校野球 」 一覧

小豆島と小豆島高校と甲子園

2016/03/22 | 高校野球

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを見せた。小豆島高校に今の高校野球の立ち位置を見てみる。 選手宣誓 小豆島高校の樋本主将が行った選

続きを見る

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

2016/03/09 | 高校野球

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手として期待されている選手がいる。 平沢大河に続くか 昨年のドラフト会議で2球団が1位指名し、千葉

続きを見る

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

2016/02/12 | 高校野球

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プロが大きな期待を持ち、登板を待っている投手がいる。それが大阪桐蔭・高山優希投手だ。 大阪桐蔭・高山

続きを見る

今年のドラフトの目玉は高校生左腕、履正社・寺島成輝投手を元プロスカウトが評価

2016/02/08 | 高校野球

 今年ドラフト会議では、創価大の田中正義投手が一身に注目を浴びている。10年に一人、20年に一人と評価される田中正義投手の評価に並ぶことができる選手がいるのか。履正社・寺島成輝投手を元西武ライオンズス

続きを見る

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

2016/01/29 | 高校野球

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。 意外な選考 今年のセンバツ出場校の選考が困難なものになることは、難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選

続きを見る

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

2016/01/28 | 高校野球

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそうだ。 地域性の問題、東北枠と北信越枠 東北地区と北信越地区は、それぞれ2校の出場枠がある。例年

続きを見る

高校野球と地域の知名度アップ

2016/01/15 | 高校野球

高校野球によって知名度の高い地域がある。例えば池田高校の徳島県池田町(現在は三好市)や、新湊旋風の富山県新湊市(現在は射水市)など、高校野球ファンはもちろん、そうでない人も聞いた事があると思う。 知

続きを見る

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

2015/12/16 | 高校野球

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてきた。12月2日現在で高校野球連盟に高校の常勤として取り上げられている元プロ野球選手をまとめてみた。

続きを見る

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

2015/09/08 | 高校野球

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ばれた20人だった。アメリカ、キューバ、韓国といった強豪と連日のように対戦する厳しい日程だが、20人に

続きを見る

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

2015/08/25 | 注目選手, 高校野球

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園に出場した選手について語った。 番組では  番組では、夏の甲子園で準優勝した仙台育英の佐

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑