*

「 アマチュア野球 」 一覧

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

2018/10/20 | アマチュア野球

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏は金足農の吉田輝星投手を、元西武ラオインズで黄金期の主将として活躍した石毛宏典氏は浦和学院の渡邉

続きを見る

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

2018/09/04 | 高校野球

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典氏と、元内野手で西武ライオンズや横浜ベイスターズでコーチやスカウトを務めた日野茂氏が、ショートの注目

続きを見る

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

2017/09/08 | 高校野球

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だった。 軸が投手に向かっていく この話をしたのは、夏の甲子園の記録となる1大会6本のホームランを放

続きを見る

今年はドラフト不作の年?

2017/04/06 | アマチュア野球

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開幕した。昨年は創価大・田中正義投手や、履正社・寺島成輝等を中心に注目選手が多く豊作の年と言われ、そして今年は不作の年という声も聞か

続きを見る

アマチュア野球の注目スラッガー選手を元西武、阪神スカウトが評価する

2016/12/16 | 高校野球

これぞプロという迫力ある打球を打つ選手は、いつの時代もファンの心をつかむ。プロ野球でも筒香嘉智選手、柳田悠岐選手、山田哲人選手、そして大谷翔平選手のホームランは、やはり魅力的だ。それらの選手に続くかも

続きを見る

石毛宏典氏の高校野球への提言

2016/09/09 | 高校野球

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした。そしてその代表がJAPANのユニフォームを着て台湾で戦い、見事に優勝を果たした。 高校生にとって

続きを見る

バスターは難しい

2016/09/06 | 高校野球

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構えからのヒッティングを見せた。これについて石毛宏典氏が指摘する。 バスターは難しい打法 「決勝で

続きを見る

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

2016/08/24 | 高校野球

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投手など、好投手に恵まれた大会となったが、この大会で気になった投手を元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元

続きを見る

学生野球の怖さ

2016/05/26 | 大学野球

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野球の怖さについて、駒澤大OBの石毛宏典氏、中央大OBの日野茂氏に聞いた。 戦国東都 東都大学リー

続きを見る

野球選手たちの進路の選択肢は広がっていくのか?

2016/05/09 | アマチュア野球

かつては、プロ野球選手になるには、注目される大会に出場できそうなチーム、スカウトが何度も足を運んでくれるようなチームにいることが有利だった。しかし今後は、そのような固定概念は薄らいで行く可能性がある。

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑