*

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

公開日: : 高校野球

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典氏と、元内野手で西武ライオンズや横浜ベイスターズでコーチやスカウトを務めた日野茂氏が、ショートの注目選手、根尾昂選手(大阪桐蔭)、小園海斗選手(報徳学園)を評価した。

良い点は

根尾選手と小園選手、すでに多くのプロ野球関係者や評論家が、この二人のことを絶賛している。この二人はどこが評価されているのか、普段は辛口な石毛氏も、良いと思う点がスラスラと出てきた。

根尾選手の良い点は二人の話を列挙すると、

  • 打球に対する反応が速い
  • 体が低くフットワークがあり
  • リラックスしてプレーできている
  • 肩が強い

とポイントが挙がった。肩の強さは投手としても140キロ後半を投げる事で評価されているだろうが、打球に対する反応や体の位置が低く保たれている点で、ショートとしての可能性を十分評価している。おそらくプロ入りをすると思うが、プロでもショートでやっていける選手と話した。

次に小園選手については

  • 体の使い方がよい
  • スローイングが安定
  • 細かい足を使える

ショートとしての打球への入り方、しなやかな身のこなしという点、そしてスローイングの正確さという点で評価された。

共にこの秋が注目される遊撃手の候補だが、それぞれ評価された点は違う。プロに入って、二人がどんな遊撃手となっていくのか、楽しみに見ていたい。

 

吉田輝星投手は?

そして、この夏にもっとも注目された、金足農の吉田輝星投手について二人にも聞いてみた。二人は松坂大輔投手にも投球フォームは良くない、と評価をするのだが、吉田投手については、「ノー文句でNO.1」という言葉が返ってきた。投球だけでなく、身のこなし、そしてインタビューでの受け答えについても、良いものを感じたと話した。

 

来年もその次も、高校野球にはこのような素晴らしい選手が登場してくるし、越えてくる選手も出てくるだろう。そういう選手が大勢出てくることを期待したい。

関連記事

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校す

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

高校野球、エラーで負けてしまった選手たちへのメッセージ

 夏の高校野球大会、甲子園では49校による48試合が行われ、そのうちサヨナラで試合が終わったのは5試

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

高校野球選手の進路とトレンド

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まってい

記事を読む

高校野球の監督の情熱

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、

記事を読む

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

来年の野球はどうなる? その1:高校野球

 今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。 2015年の高校野

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑