*

石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

公開日: : プロ野球

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛宏典氏が、同じく1年目から西武のショートを守っている源田壮亮選手を絶賛した。

キャンプから

石毛氏は源田選手について、「特にスローイングが良い。見ていればわかるが、ほとんどファーストの胸元付近に送球が来る」と話し、捕ってからしっかりと投げる一連の流れの基本ができていると話した。

石毛氏は今年春にライオンズのキャンプを視察しているが、当時より守備の安定感を評価しており、辻監督からもショートは源田で行くことを聞かされていたという。

また打撃についても「素直なバッティングをしている。出続ければ260~270は打てる」と話していた。現在は打率.314を記録し、リーグ8位にランクされている。また盗塁は9つを記録し、現在リーグトップに立っている。

毎年課題となっていた西武のショート、源田選手が見事な活躍で穴を埋めた。石毛氏のようにこれからチームのキャプテンとなり、チームを引っ張っていける存在になるか、石毛氏も大きな期待をしている。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

mlb

前田健太投手はメジャーで活躍できるか

ポスティングでメジャーリーグ入りを目指す広島の前田健太投手、アメリカでもいくつかの球団が獲得を目指し

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

石毛宏典

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

notes

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西

記事を読む

notes

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

kyujyou2

プロ野球選手のセカンドキャリア

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表

記事を読む

IMG_6039

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

石毛宏典

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチー

記事を読む

notes

育成ドラフト指名選手の1年目での支配下登録

巨人は2015年ドラフト会議において育成ドラフト8位で指名し、育成枠で契約をしていた長谷川潤選手と支

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

→もっと見る

PAGE TOP ↑