*

東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

公開日: : プロ野球

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首位を走る。逆に千葉ロッテはチーム打率.187と大低迷し、最下位に沈んでいる。対照的なスタートとなった両チームについて、石毛宏典氏、日野茂氏に聞いた。

チーム成績比較

まず、千葉ロッテの打撃成績を見ると、打撃の低迷がチーム状況に繋がっているのはすぐにわかる。特にチーム打率は記録的な低迷となっており、本塁打数、打点も他球団に大きく離されている。また出塁率も低く、奪った四球なども少なく、出塁して足を使ってという事もできていない状況である。

打線を見てみると、昨年までチームの軸であったのは、3番・角中選手と4番・デスパイネ選手だったが、デスパイネ選手が福岡ソフトバンクに移籍し、打線は元々不安視されていた。そこへきて角中選手も故障で離脱となり、鈴木大地選手が4番を打つなど、緊急事態となっている。

またもともとは投手で守るチームで、涌井選手、石川選手にルーキーの佐々木投手など自慢の投手陣を持っていた。しかし石川投手は不調で3敗、涌井投手は1勝3敗と、打線の援護がない事もあるが、防御率も6球団ワーストとなっている。特に四球の多さが目立つ。

 

次に東北楽天を見るとチーム打率がトップだが、他の数字が他球団より良いかというとそうではない。投手についても防御率は3位となっている。しかしホールドポイントが他球団より多く、リリーフが奮闘していることがわかる。また四球の数は最も少ない。

 

ポイントは早打ち

楽天とロッテのデータを比較すると、打者では三振の数が楽天が164、ロッテが234。投手でも与四球の数が楽天は86、千葉ロッテは129となっている。

石毛氏は現在のパリーグの戦いについて、「打者が早打ちの傾向」と話した。また楽天の投手陣については、とにかく早い段階で追い込んできていると分析した。ストライクゾーンに思い切りのよい球を投げ込むことを意識している。また楽天のバッターについても、「早打ちで追い込まれる前に勝負しようとしている」と話した。

逆に千葉ロッテについて日野氏は「バッターが手を出さずに追い込まれ、そして三振をしている」と話し、投手が四球が多い事についても、考えすぎの傾向がある、と話す。打撃、投手ともに消極的だという。

投打ともに早いうちに勝負を決める楽天と、投打ともに待って勝負しようとするロッテ、今のところ、その差が出ているのではないかと分析した。

選手個々の力の差、現在の調子の差は当然あるが、全体的な戦い方の雰囲気が、チーム状況に現れてしまっている所もあるだろう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

yokohama

グリエル選手デビューは、ここが凄かった!

 キューバの至宝、グリエル選手が横浜DeNAの一員として日本プロ野球界にデビューしました。打っては4

記事を読む

yokohama

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

IMG_6039

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

notes

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

yokohama

プロ野球選手のエラーと教育、横浜DeNA・白崎浩之選手

セリーグの最下位に低迷する横浜DeNA、4月23日の巨人戦では2年目のショート・白崎浩之選手が3失策

記事を読む

mound

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

notes

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

野球キャンプイン

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、

記事を読む

1994オールスター

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

→もっと見る

PAGE TOP ↑