*

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

公開日: : プロ野球

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方について、石毛宏典氏に聞いた。

石毛氏も納得

石毛氏はここまでの戦いぶりについて、すらすらと分析を述べていく。

「秋山1番、浅村3番、中村4番が固定、また田代、木村、源田といった戦力を使い続け、レギュラーを決めてシーズンに入った。ただし相性などを見て渡辺などを起用し結果を残している。投手では菊池が働いており、リリーフが7回・牧田、8回・シュリッター、9回・増田が機能している。他のリリーフで大石、武隈が使えそう。シーズンを見ると中継ぎで10~15勝は勝たなくては上に行けない。」

と分析した。出遅れている森、金子などが来ればまた変わるが、しっかりとレギュラーを固定していることで「控え選手を含めて、それぞれの役割がわかってくる」と話し、これを継続すれば安定した戦い方ができると話した。

そして辻監督の起用について、改めて「石毛さんにとって納得できる起用ですか?」と聞くと、「納得できる。」と話した。西武の黄金時代のレギュラーとして出場していた石毛氏と辻氏、考え方は一致している。

他球団について

パリーグの他球団について聞くと、「楽天は岸、則本やリリーフの投手が安定して今の位置にいる。ソフトバンクはWBC組の選手の調子が上がってこなかったものの今の位置にいる。しかし和田のケガがどのくらいになるか」と話した。

大谷選手などが離脱し最下位にいる北海道日本ハムについては「昨年は日本一になったが、まだ全体的に線が細い感じ。」と話し、チームとしてはまだ成長途上にあるという。

西武の黄金時代をめざし、埼玉西武が好スタートを切った。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

mound

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

draft_box

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

石毛宏典

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西

記事を読む

a0001_009104

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

draft_box

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

sendai

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

nagoya

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

notes

プロ野球の世界で生き残るために必要な事

 プロ野球では12球団の新人選手発表が滞りなく行われ、ほぼすべてのイベントは終了した。そして新人は年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

→もっと見る

PAGE TOP ↑