*

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

公開日: : プロ野球

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方について、石毛宏典氏に聞いた。

石毛氏も納得

石毛氏はここまでの戦いぶりについて、すらすらと分析を述べていく。

「秋山1番、浅村3番、中村4番が固定、また田代、木村、源田といった戦力を使い続け、レギュラーを決めてシーズンに入った。ただし相性などを見て渡辺などを起用し結果を残している。投手では菊池が働いており、リリーフが7回・牧田、8回・シュリッター、9回・増田が機能している。他のリリーフで大石、武隈が使えそう。シーズンを見ると中継ぎで10~15勝は勝たなくては上に行けない。」

と分析した。出遅れている森、金子などが来ればまた変わるが、しっかりとレギュラーを固定していることで「控え選手を含めて、それぞれの役割がわかってくる」と話し、これを継続すれば安定した戦い方ができると話した。

そして辻監督の起用について、改めて「石毛さんにとって納得できる起用ですか?」と聞くと、「納得できる。」と話した。西武の黄金時代のレギュラーとして出場していた石毛氏と辻氏、考え方は一致している。

他球団について

パリーグの他球団について聞くと、「楽天は岸、則本やリリーフの投手が安定して今の位置にいる。ソフトバンクはWBC組の選手の調子が上がってこなかったものの今の位置にいる。しかし和田のケガがどのくらいになるか」と話した。

大谷選手などが離脱し最下位にいる北海道日本ハムについては「昨年は日本一になったが、まだ全体的に線が細い感じ。」と話し、チームとしてはまだ成長途上にあるという。

西武の黄金時代をめざし、埼玉西武が好スタートを切った。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

yakyu

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

yokohama

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

新芽

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

石毛宏典

プロ野球開幕の緊張を味わいたい

プロ野球選手にとって、野球は楽しいのだろうか?率直に石毛宏典氏、日野茂氏に聞いてみた。すると・・・。

記事を読む

a0001_009104

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

yamazaki,_at_Yokohama_Stadium

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

日本

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。  20

記事を読む

golf

プロ野球選手とゴルフ

プロ野球選手のシーズンオフの楽しみといえば、かつては「ゴルフをするのが楽しみ」と話す選手が多かった。

記事を読む

IMG_6039

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑