*

今年はドラフト不作の年?

公開日: : アマチュア野球

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開幕した。昨年は創価大・田中正義投手や、履正社・寺島成輝等を中心に注目選手が多く豊作の年と言われ、そして今年は不作の年という声も聞かれる。

不作の年?

今年は高校生では10年に一人の逸材と言われる清宮幸太郎選手がおり、野手で注目される選手が何人かいる。また社会人でも、高校時代から注目されていたJR東日本の田嶋大樹投手などが注目されており、不作と言われるのは大学生の候補が少ない事から言われている。

確かにドラフト会議で指名される選手の中心は、高校生と大学生が中心となる。2016年は高校生46人、大学生42人、社会人17人、独立リーグ10人、2015年は高校生39人、大学生37人、社会人27人、独立リーグ13人が指名されており、いずれも高校生と並び数が多い。その大学生の候補が少なければ、全体的に不作という印象を受けさせる。

2013年のドラフトを見てみると、高校生の候補では松井裕樹投手、森友哉選手、山岡泰輔投手などが注目された。しかし、特に投手の候補は全体的に少ない印象で、野手も内田靖人選手、渡辺諒選手など注目された選手はほぼドラフトで指名されていた。ちなみに2012年は藤浪慎太郎投手、大谷翔平投手が注目され、2014年は安楽智大投手、高橋光成投手などが注目された。確かに前後の学年の選手の方が注目されていた印象を受ける。

その世代がそのまま大学4年生の世代となり、大学生が不作と言われるようになっている。たしかに大学の成績を見ても実績を積んでいる選手は少ない印象を受ける。

今年1年間

しかし、選手の数はどの学年も大きく変わりは無く、選手の体力なども大きく変わる事はない。前後の世代と同じくらい能力を持った選手はいるはずだと思う。しかし大学でも成績が残せていないのは、投手に限って言うと2012年、大谷世代の選手たちがエースとして君臨し、登板機会がなかなか得られなかったのではないかと思う。

また高校生も、来年は夏の甲子園大会が100回記念大会となり、どの高校も100回大会に照準を合わせて選手を獲得し、チームの中心にと、1年生の時から起用したりしていた。それにより上級生だった今年の3年生世代は、控えとなった選手もいるのだろう。

これら2つの理由で、高校生、大学生の候補選手が少ないという印象を与えている。

しかし高校3年生も大学4年生も最終学年にはレギュラーとして出場する選手がやはり多くなる。そしてこの1年にその力をぶつけてくる。実績こそ少ないかもしれないが、秋には新たなドラフト注目選手が出ているのではないかと思う。

頑張れ、高校3年生、大学4年生!

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

508287p8i5842of

野球選手たちの進路の選択肢は広がっていくのか?

かつては、プロ野球選手になるには、注目される大会に出場できそうなチーム、スカウトが何度も足を運んでく

記事を読む

kyujyou3

ドラフト候補の勝負の季節

今年のドラフト戦線も、序盤戦から中盤戦に入ってきた。この時期にスカウトの目に留まった選手が、夏以降に

記事を読む

IMG_6039

野球選手の進路選択 自分の人生!周りの目を気にしてブランドだけで選ばない選択肢

 小学生前後に野球をはじめた選手の多くは、プロ野球選手になりたいという夢を描くのではないかと思います

記事を読む

新芽

下級生がいるほうが強い!?野球のチーム構成を考える

 夏の高校野球選手権大会が開幕した。1日目で気になったのが、2年生や1年生など下級生が中心選手として

記事を読む

野球塾指導2

学生野球資格回復の研修

昨年、日本野球機構と高校野球連盟など学生野球側は、元プロ野球選手が再び高校野球、大学野球などのアマチ

記事を読む

jingu

明治神宮に集う、来年のドラフト注目候補たち

明日13日より、高校野球、大学野球の明治神宮大会が開幕する。高校生は既に3年生は引退しているため、1

記事を読む

notes

日本では特殊!?大学生即戦力

 日本では野球においては、大学生は「即戦力」と呼ばれる。しかし、私も含めて企業にビジネスマンとして入

記事を読む

yakyu

再挑戦の秋、トライアウト

 秋が来た。選手は1年の成績を元に球団と契約をしていく。年俸が大幅増となる選手もいれば、最近は大幅減

記事を読む

Jingu

明治神宮大会、今年の野球シーズンの締めくくり

 明治神宮野球大会は、明治神宮と日本学生野球連盟が主催している野球大会で、1970年に明治神宮鎮座5

記事を読む

バッターボックス

タイブレーク方式に海外とズレ、野球の個人記録への対応

 高校野球連盟が来年の春季地区大会に一律でタイブレークを導入することを決定した。今後、何回からタイブ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

→もっと見る

PAGE TOP ↑