*

WBC決勝ラウンド、青木宣親選手は復調する

公開日: : 侍ジャパン

 決勝ラウンドに勝ち進んだ侍ジャパン、盛り上がるWBCについて石毛宏典氏は決勝ラウンドに向けて、青木選手の復活を予言した。

イスラエル戦

3番を打つ青木選手だが、1次ラウンド、2次ラウンドでは20打数4安打と打撃で苦労をしている。2次ラウンドのオランダ戦では2安打に2つの四球を選んだが、キューバ戦では4打数ノーヒットに終わった。イスラエル戦でも4打数1安打だった。

しかし石毛氏はイスラエル戦の第3打席、ショートライナーになった打席に注目した。「青木らしいレフト方向の打球が見えた」と話す。そしてその後、第5打席ではレフト方向への2ベースヒットを放った。バッティングを取り戻したようだと話し、決勝ラウンドでは活躍するのではないかと予言した。

ただし青木選手はアメリカで行われたカブス、ドジャースの試合で、ともに2打数ノーヒットで途中で秋山選手に交代をしている。準決勝のアメリカ戦に青木選手が起用されるか、そして結果に注目される。

2次ラウンドまでの戦いを振り返って

2次ラウンドまでの戦いを振り返り、石毛氏は2人の選手に注目した。一人はセカンドの菊地選手で、数々の好プレーについて驚きも交えて称賛した。「ゴロを踏ん張って捕るより滑って捕るイメージでプレーし、滑った後にしっかりと踏ん張り正確なスローイングをする。身体能力が高く、バランスが非常に素晴らしい。」と話した。また「画面では映らないが、スタートも良いのだろう」と話す。イスラエル戦で牧田選手がけん制悪送球をした時に、菊地選手がセカンドベースの後ろにいてバックアップをしていた画面もファインプレーだったと話した。

そしてもう一人は小林捕手、「ラッキーボーイだねー」と話し、しっかりとバットを振っている点を評価した。また松田選手も打撃だけでなくベンチでも雰囲気を盛り上げており、「こういう選手は大切」と話した。

準決勝、決勝のポイントは

準決勝はアメリカ、そして勝てば決勝はプエルトリコと決まった。準決勝について石毛氏は「千賀がポイントになる」と話した。「低めに強い真っすぐを投げ、フォーク、スライダーもいい。登板させて間違いが少ない投手だろう」と話す。

逆に菅野投手には「スライダーを持っていかれる怖さがある」と話した。スライダーは菅野投手の得意球の一つだが、外国人のバッターは踏み込んで狙ってくる。キューバ戦では4回で7安打を許し、一発も浴びた。やはりシュートで空いたバッターのインコースをどう攻めるかがポイントとなりそうだ。

是非勝ってほしいと石毛氏も話す。侍ジャパンの準決勝・アメリカ戦は、明日の朝。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む

日本

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

野球教室トレーニング

女子野球選手はワールドカップ4連覇を狙う!

 IBAF女子野球ワールドカップ大会が9月1日から宮崎県で行われる。この大会には、日本、アメリカ、カ

記事を読む

日本

侍ジャパン、各代表で世界一は1つのみ、課題と来年に向けて

 昨年、侍ジャパンとして統一された日本野球の各世代の代表、今年は8つの各世代などの代表が、すべて国際

記事を読む

e9c230b94c3b5f7920f8973890afb1df

右投げ左打ちの外野手

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手とい

記事を読む

日本

侍ジャパン、次に向けて

プレミア12を戦った侍ジャパンは、準決勝で韓国に逆転負けして姿を消した。前回のWBCと同じ準決勝での

記事を読む

日本

保護された中での走塁

 侍ジャパンU18代表は、今年も優勝をすることができなかった。キューバ、韓国、オーストラリアなどには

記事を読む

0-13

U18に見た野球の応援

 日本においてスポーツの応援をリードしてきたのは、やはり野球だろう。早慶戦では多くの名曲が生まれ、現

記事を読む

samurai2017

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む

日本

打てる遊撃手と捕手を我慢強く育てる事

 日本の野球の課題といえば、投手はメジャーリーグでもトップクラスに活躍する選手がおり、野手でもイチロ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑