*

右投げ左打ちの外野手

公開日: : 侍ジャパン

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手といえば左のスラッガーだが本来は右利き、いわゆる右投げ左打ちの選手だ。元横浜ベイスターズヘッドコーチの日野茂氏は、右投げ左打ちの選手について指摘をする。

正確に強いボールを投げる

日野氏は横浜ベイスターズ時代に鈴木尚典選手を見てきた。右投げ左打ちの外野手で、プロ野球を代表する屈指のスラッガーだった。しかし外野手としてはレフトを守り、肩の弱さを指摘され続けていた。

それは筒香選手にも言われる。外野の守備や肩に関しては、課題が挙げられる選手である。他にも右投げ左打ちでは松井秀喜選手、イチロー選手などがおり、また今回のWBCでもメジャーでプレーする青木選手も右投げ左打ちの外野手である。

野手はどのポジションにおいても、正確に強いボールを投げることが要求される。日野氏は「右投げ左打ちの選手は、送球するときに腰が入らない選手がいる」と話す。強肩を代表するイチロー選手などもいるが、送球に不安を抱える選手も少なくない。

 

今回のWBCメンバーでは

今回のWBCメンバーでは右投げ左打ちの選手は28人のうち6人のみ。野手では田中広輔選手、青木宣親選手、筒香嘉智選手、秋山翔吾選手の4人(投手では則本投手と千賀投手)。野手では15人中で右投げ右打ちが11人となっている。

この数字で結論というものは無いと思うが、右投げ左打ちにするという事は、リスクも覚悟しての大きな決断が必要なのだと思う。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日本

侍ジャパン、次に向けて

プレミア12を戦った侍ジャパンは、準決勝で韓国に逆転負けして姿を消した。前回のWBCと同じ準決勝での

記事を読む

日本

日本野球はさらに上を目指せ!試合に勝つ魅力と一瞬のプレーの魅力

 侍ジャパンがメジャーリーグ選抜に挑む日米野球が開催されている。1戦目は侍ジャパンの前田健太投手など

記事を読む

日本

2016年の日本の野球は?

2016年の日本の野球について、国際大会の動きなどを中心に紹介する。 高校野球 高校野球は国内の

記事を読む

野球教室トレーニング

女子野球選手はワールドカップ4連覇を狙う!

 IBAF女子野球ワールドカップ大会が9月1日から宮崎県で行われる。この大会には、日本、アメリカ、カ

記事を読む

gorin

日本の野球は、東京五輪で繋がっていく

 先日、侍ジャパンの大学代表チームと、U18(高校生)代表チームの壮行試合が発表された。今年は大学生

記事を読む

0-13

U18に見た野球の応援

 日本においてスポーツの応援をリードしてきたのは、やはり野球だろう。早慶戦では多くの名曲が生まれ、現

記事を読む

石毛宏典

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む

gorin

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

日本

不安の多い侍ジャパン、2017WBCで勝ち抜くために

WBCの開催を翌年に控え、台湾との強化試合に臨む侍ジャパンのトップチームが招集された。しかしチームの

記事を読む

samurai2017

侍ジャパンになるには

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑