*

侍ジャパンになるには

公開日: : 侍ジャパン

いよいよ今日から、2017年WBCに出場する侍ジャパンのキャンプが始まる。28選手がどのような球歴を経て侍ジャパンのメンバーになったのかをおさらいする。

侍ジャパン戦士28人の球歴、タイトルなど

クリックすると拡大表示されます。

出身・出身高校

出身で見ると、神奈川県が4人、東京都と大阪府、兵庫県が3人、岐阜、滋賀、静岡、宮崎、和歌山が2人となった。

また出身高校では大阪桐蔭が藤浪慎太郎投手、中田翔選手、平田良介選手に3人と最も多く、東海大相模が菅野投手と田中選手の2人となった。

高校卒出身選手は12人、そのうち投手は5人、野手は7人となっている。大学出身選手は10人、社会人出身選手は6人だった。大学では東海大が2人と最も多い。東都リーグは4人だが東京六大学は青木選手一人だけだった。

属に野球の名門校出身の選手が多いものの、足立新田高校から中央学院大を経てPanasonicに進んだ秋吉亮投手や、蒲郡高から育成ドラフトでプロ入りした千賀投手、三重中京大の則本投手、中京学院大の菊池選手など、野球の進路の王道ではない選手も侍ジャパンのトップチームに入っている。

ドラフト・プロ入り後

ドラフト1位指名選手(希望枠や高校ドラフト、大社ドラフト1位も含む)は28人中16人だった。2012年のドラフト1位では菅野投手と藤浪投手が選ばれ、大谷翔平投手も2012年のドラフト1位だった。2013年は松井投手、石川投手、小林捕手の3人が選出されている。

2007年大社ドラフト3位(高校生ドラフトも含めると5位前後)の宮西投手や、2009年ドラフト5位の増井投手、2003年4位の青木選手などはプロ入り後に成長してトップチーム入りを果たした。そしてその中で日本野球ドリームというべきは、2010年育成ドラフト4位からトップチーム入りを果たした千賀投手という事になるだろう。

タイトル

さすがにビッグタイトルを獲っている選手が多いが、リリーフの松井投手、秋吉投手や岡田投手はまだタイトルは表彰はない。実力というよりは、リリーフ投手がタイトルを獲る事の難しさを表しているのかもしれない。

だいたい2009年から2013年のメンバーが中心となった若き侍ジャパン、どんな戦いを見せてくれるのか非常に楽しみだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

侍ジャパン代表26人の年代とドラフト順位を分析する

   3月10日、11日に欧州選抜と対戦する侍ジャパンの代表メンバーが発表された。プロ2

記事を読む

また一つ、壁を乗り越えた侍ジャパン

 侍ジャパンの活動は、日本代表チームの役割もあるが、日本野球の統合という使命もある。各世代、各連盟や

記事を読む

野球と2020

 2020年、東京オリンピックの開催が決まった。そして11月18日、IOC(国際オリンピック委員会)

記事を読む

侍ジャパン、次に向けて

プレミア12を戦った侍ジャパンは、準決勝で韓国に逆転負けして姿を消した。前回のWBCと同じ準決勝での

記事を読む

WBC決勝ラウンド、青木宣親選手は復調する

 決勝ラウンドに勝ち進んだ侍ジャパン、盛り上がるWBCについて石毛宏典氏は決勝ラウンドに向けて、青木

記事を読む

侍、いよいよ出陣!石毛宏典が考えるスタメン

  いよいよWBCの初戦が明日行われる。日本の野球のトップにいる侍たちが世界を相手に戦う

記事を読む

侍ジャパン、各代表で世界一は1つのみ、課題と来年に向けて

 昨年、侍ジャパンとして統一された日本野球の各世代の代表、今年は8つの各世代などの代表が、すべて国際

記事を読む

右投げ左打ちの外野手

WBCでは筒香嘉智選手が、ここぞという時の打撃を見せ、2次ラウンドを無傷で勝ち上がった。筒香選手とい

記事を読む

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

日本野球はさらに上を目指せ!試合に勝つ魅力と一瞬のプレーの魅力

 侍ジャパンがメジャーリーグ選抜に挑む日米野球が開催されている。1戦目は侍ジャパンの前田健太投手など

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑