*

上の学年を目指して

公開日: : 少年野球指導

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差がある。中学生、高校生では、1年生の中には3年生よりも体が大きかったり、パワーも足も追い越している選手がいる。下級生の頃から上級生を越えていくことは、プロ野球選手になる上で必然の事になる。

上級生を越えて

プロ野球選手を指導した少年野球の監督の話を聞くと、良く言われるのは、「あの子は小学校4年生の時には6年生とキャッチボールをして、良い球を投げていた」というもので、既に上級生と肩を並べるところで練習をしていたというものです。

選手によっては体も上級生より大きかったりしていますが、体の大きさでなくても、上級生と一緒にプレーし、そん色のない動きを見せているそうです。

たしかに高校生では1年生からレギュラーを取ったりすると、注目をされるようになります。そして大学、社会人、プロの世界では、上級生とポジションを争う事は当然になります。中学や高校の時に、「3年生になったらレギュラーに」と思っていると、大学、社会人では逆に下級生にポジションを奪われ、試合に出られなくなります。

この春から、上のステージでプレーする選手も多くなるでしょう。そうなるとまた、下級生からスタートという事になります。最初はそのステージの野球のスピードについていけないかもしれません。しかし、1年目から上級生にチャレンジしていく気持ちは大切です。

上級生と戦う経験

もちろんチームの和も重要です。それに順応しないとチームで信頼される選手にはなれません。上級生と戦っていくのは、大変な事になるかもしれません。

しかし早い段階からその経験していくことで、将来プロ野球でも30歳、40歳のベテランに交じっても堂々とプレーできるようになるのでしょう。そういった意味では、プロ野球選手は、上級生と一緒にプレーする事にも、下級生がポジションを狙ってくるのにも慣れているという事になります。

上級生に交じってプレーし、そして認められる選手になること。チャレンジしてみてください。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾指導2jpg

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

プロ野球選手のミット

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

板ミット2

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

野球塾バッティング3

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

sendai

東北楽天シニアチームが発足、プロも選手も第一歩踏み出す!

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、リトルシニアチーム「東北楽天リトルシニア」を発足させた。第1期生と

記事を読む

バッターボックス

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッ

記事を読む

野球塾指導2jpg

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

IMG_20150106_123228412_HDR

目標を立てる

2017年がスタートしました。野球選手の皆さんも、「大会で優勝すると」、「来年の進路を決める事」、チ

記事を読む

野球塾守備3

野球塾から高校野球、そして

野球塾のZEROベースボールアカデミーも、3月は卒業の季節です。これまで多くの選手が卒業していますが

記事を読む

zero_baseball1102

野球練習の工夫

練習はきつい!そういうイメージがある。体を作るには淡々と走ることを繰り返す。そして野球は瞬時に打球を

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑