*

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

公開日: : プロ野球

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西武ライオンズ黄金時代のリーダー・石毛宏典氏、ヘッドコーチや2軍監督、またスカウトとして選手を育て、発掘してきた日野茂氏、現役時代に捕手のスタイルを変え、引退後はコーチやスカウトで選手を始動してきた中尾義孝氏にズバリ聞いてみた。

天才はいない

日米通算で最多安打を記録したイチロー選手、または165キロを投げ、長打力でもプロ野球選手たちを驚かせる大谷翔平選手など、天才と呼ばれる事がある。

「天才はいますか?」の質問に、石毛氏も日野氏はすぐさま「天才はいない」と答えた。「99%以上の努力」と日野氏は付け加えた。また、日野氏は「天才、という言葉は、力を発揮できずに去っていった人に使われる事が多い」と話した。話しの中では上宮高校で注目され、巨人でプレーしたものの主力として活躍した期間が短かった元木大介氏などの名前が挙がっていた。

石毛氏は「すぐになんでもできてしまう選手がそうなのかもしれないが、そういう選手が一流になったというのはあまり聞かない」と話す。

野球センス

ただし野球のセンスだったり、能力のある選手というのはいる。と3人は話した。身体が大きい事、けがをしない事、身体能力が高い事などが挙げられたが、「身のこなしがスマートな選手はセンスがあると感じる」と石毛氏は話す。「清原は力もあったし守備も上手かった。それ以上に能力があったのが秋山だった」と話し、また「小久保選手や松中選手は、身のこなしというよりは練習で鍛え上げてきた選手だったが、年を取っても練習を続けないと不安になるため練習を続け、故障が多くなっていった」と話した。

中尾氏は「例えば1歳、2歳、3歳の子が2人います。1人の子はテレビで野球を見ていました。もう一人の子は野球を見ていませんでした。そして二人におもちゃのボールを投げさせてみると、野球を見ていなかった子はしたからボールを放りました。野球を見ていた子は上からボールを放りました。このように目で見た情報を自分の体でできる子が、能力がある。センスがあるのではないかと思います」と話した。

石毛氏は「能力のあるスポーツ選手というのは、目で見た情報を脳に入れ、体の細胞に記憶をさせていくことができる選手の事」とまとめた。頭と体の神経が伴う事、頭のイメージ通りに体を動かす事がスポーツ選手の能力と言えそうです。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

松井裕樹投手とコーチの指導

4月23日の東北楽天vs埼玉西武戦、高校からプロに入って4度目の先発となった松井裕樹投手は、この試合

記事を読む

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

インタビューに見るドラフト1位指名された選手の個性

ドラフト会議で1位指名された選手の、指名後のインタビューに興味を持った。ドラフト1位でプロ野球に入る

記事を読む

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

読売ジャイアンツの2015年のチーム構成

 昨年、セリーグを制覇したものの、CSで敗れて日本シリーズに進出することができなかった、読売ジャイア

記事を読む

かつてのプロ野球選手のトレーニングとは?

今年のオフはダルビッシュ有投手のTwitterにて、トレーニング方法の話が良く聞かれ、大谷翔平投手、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑