*

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

公開日: : プロ野球

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西武ライオンズ黄金時代のリーダー・石毛宏典氏、ヘッドコーチや2軍監督、またスカウトとして選手を育て、発掘してきた日野茂氏、現役時代に捕手のスタイルを変え、引退後はコーチやスカウトで選手を始動してきた中尾義孝氏にズバリ聞いてみた。

天才はいない

日米通算で最多安打を記録したイチロー選手、または165キロを投げ、長打力でもプロ野球選手たちを驚かせる大谷翔平選手など、天才と呼ばれる事がある。

「天才はいますか?」の質問に、石毛氏も日野氏はすぐさま「天才はいない」と答えた。「99%以上の努力」と日野氏は付け加えた。また、日野氏は「天才、という言葉は、力を発揮できずに去っていった人に使われる事が多い」と話した。話しの中では上宮高校で注目され、巨人でプレーしたものの主力として活躍した期間が短かった元木大介氏などの名前が挙がっていた。

石毛氏は「すぐになんでもできてしまう選手がそうなのかもしれないが、そういう選手が一流になったというのはあまり聞かない」と話す。

野球センス

ただし野球のセンスだったり、能力のある選手というのはいる。と3人は話した。身体が大きい事、けがをしない事、身体能力が高い事などが挙げられたが、「身のこなしがスマートな選手はセンスがあると感じる」と石毛氏は話す。「清原は力もあったし守備も上手かった。それ以上に能力があったのが秋山だった」と話し、また「小久保選手や松中選手は、身のこなしというよりは練習で鍛え上げてきた選手だったが、年を取っても練習を続けないと不安になるため練習を続け、故障が多くなっていった」と話した。

中尾氏は「例えば1歳、2歳、3歳の子が2人います。1人の子はテレビで野球を見ていました。もう一人の子は野球を見ていませんでした。そして二人におもちゃのボールを投げさせてみると、野球を見ていなかった子はしたからボールを放りました。野球を見ていた子は上からボールを放りました。このように目で見た情報を自分の体でできる子が、能力がある。センスがあるのではないかと思います」と話した。

石毛氏は「能力のあるスポーツ選手というのは、目で見た情報を脳に入れ、体の細胞に記憶をさせていくことができる選手の事」とまとめた。頭と体の神経が伴う事、頭のイメージ通りに体を動かす事がスポーツ選手の能力と言えそうです。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典氏、日野茂氏が見る今年のドラフト候補

ドラフト会議が今月22日に迫ってきた。今年のドラフト候補について、元オリックス監督の石毛宏典氏、元西

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

野球選手のヒーローインタビュー

 日野茂氏が湘南シーレックス(現横浜DeNAのファームチーム)の2軍監督をしていた時、野球の技術だけ

記事を読む

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武

記事を読む

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑