*

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

公開日: : プロ野球

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックスの主軸またはリードオフマンだった糸井嘉男選手が阪神に移籍、巨人は投手を二人獲得し、さらに北海道日本ハムの陽岱鋼選手の移籍も可能性が高いようだ。1994年にFAで西武から福岡ダイエーに移籍した石毛氏に聞いた。

FA移籍

まず選手がなぜ移籍をするかについていくつか石毛氏に質問をしてみた。

◎他球団からはどのように声がかかるのか

石毛氏:NPBによって公示されると、すぐに球団の担当から直接電話がくる。自分の場合には福岡ダイエーで監督を辞任しフロントに入った根本陸夫氏から連絡が来た。

◎なぜFAをするのか、そのきっかけは?

石毛氏の場合には西武ライオンズより、現役を引退して監督への就任要請があったが、現役としてプレーを希望しての移籍だった。ただし、他の選手のことを考えてみると、「選手は自分の評価というものを常に聞きたい気持ちがある」とのことだった。選手の評価というものは、選手自身では「例えば毎試合後に自分の査定をつけている選手なんていない。球団側はつけているので、その評価しかわからない」。従って、プロ野球全体では自分はどのような評価をされているのかを聞いてみたいという。

◎自分の評価をどのようにしていくのか

石毛氏:「他の選手の契約更改を見て、自分と比べる事になる」。例えば他球団のあの選手と自分の契約金を比較して、かなり差があれば評価がおかしいのではと思うようになる。正当な評価をしてもらうためにFA移籍を考える事になる。

◎移籍前の球団について

石毛氏:「球団には当然、恩を感じている」。今年のFA移籍でも、移籍する選手が涙を流す場面が見られたが、球団、指導者、チームメイト、ファンの姿が思い浮かぶし、これは当然とのことだった。

 

FA移籍の状況は?

1993年からスタートしたFA移籍の制度、2015年までの移籍については以下の表のようになっている。面白いのは石毛氏も含め西武からの移籍の数が非常に多い事だった。また獲得人数は巨人が圧倒的に多い。

今年も巨人への選手の移籍が目立つが、これについて石毛氏に行くと、「巨人は読売グループのスポーツ報知や日本テレビなどの企業があり、辞めた後の待遇が良い」とのことだった。西武が移籍が多い事については、意外という反応だった。理由は分からないという。

北海道日本ハムは、全体の年俸の枠などを考えており、若い選手を育て、高年俸になった選手が移籍をするような流れがある。ダルビッシュ有投手などがその例となり、来年には大谷翔平選手のメジャーリーグへの容認するのではないかと見られている。

球界の活性化策と、選手の権利を守るという意義があるFA制度、今後、どんな移籍があるのだろう。現在は年に5人前後しか移籍する選手がいないが、メジャーリーグのようにさらに活発になっていくのかなど、注目をしてゆきたい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

a1180_001266

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

Koushien

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

ishige2

新監督は活躍できるか

来年は巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、横浜DeNAのラミレス監督が指揮を執る。共に監督就任は

記事を読む

golf

プロ野球選手とゴルフ

プロ野球選手のシーズンオフの楽しみといえば、かつては「ゴルフをするのが楽しみ」と話す選手が多かった。

記事を読む

IMG_6039

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

a0001_009104

自分のベストが決まる時

 野球選手にかかわらず、スポーツ選手は、自分のベストコンディションというものを理解している。特に野球

記事を読む

kyujyou2

元プロ野球選手談話、「ロッカールームの歴史」

野球塾のZEROベースボールアカデミーには、日野茂顧問、清水宏悦校長(元大洋、西武)、上田浩明コーチ

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

STEPUP

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑