*

オリックスの新星・吉田正尚選手について、石毛宏典が語る

公開日: : プレー解説

オリックスのルーキー・吉田正尚選手が、リーグ終盤戦に入ったパリーグをにぎわせている。当サイトでも青山学院大時代の吉田選手について紹介をしてきたが、プロでのプレーを元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。

打撃の大切なポイント

173cmと小柄だが打球を飛ばす力がある。8月上旬に1軍に復帰して、約1ヶ月で9本塁打、特に東北楽天の則本投手や福岡ソフトバンクの和田投手、北海道日本ハムの有原投手などから痛烈な一発を放っており、その輝きを増している。

石毛氏はまず、「構えからバックスイングにかけて、非常に力が抜けている」と話した。スムーズに打撃の体制に入れている。

そしてここで打撃の重要なポイントを話してくれた。

「大事なのは重心移動なんです。”軸回転”と言って、バックスイングから重心移動をせずそのまま回転をしている選手もいるが、やや重心移動をしてそれと合わせて、膝と一緒に肘が出てくる事がポイント」と話した。

石毛氏がボクシングで例えてくれた。「人にパンチをするとき、そのまま手を出しただけでは力が入らない。ただ手を振っただけでもパンチには重さがない。後ろから反動を付け体の回転と合わせて手が出てくる事で力が入る」という事だ。

吉田選手も含めて筒香選手などもそれがしっかりと出来ている。ホームランを打つ打者はフロースルーの時に後ろに体重が残っているが、体重移動をして体の回転をしてその位置で後ろの足で力を支えている。

また、もう一つ、吉田選手はフルスイング、特にフォロースルーの大きさが注目されるが、石毛氏は「野村克也さん、土井さんもそうだが、後ろは大きく、前は小さく」という事が大事、フォロースルーが大きければいいというのは違う。イメージとしてよく先輩から言われたのは「赤子を抱くような感じ」つまり両肘を体につけるイメージで振っているという。

課題を指摘も

吉田選手の打撃について、課題も指摘してくれた。

「肩を開いて振る傾向がある。それをなくしていけば、打率も上げていける」と話した。

まだ1年目の吉田選手、他球団も情報が少なく、終盤戦のムードの中で戦っており、吉田選手を崩すような事はまだしていない。吉田選手にとっては他球団が警戒し、分析をしてくる来年が重要だろう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

20160625

こういうプレーはプロ野球選手として恥ずかしい

6月25日の横浜DeNA-巨人の試合、2回裏に阿部選手が犯したエラーに、元プロ野球選手で中央大の先輩

記事を読む

プロ野球選手のミット

疑う事を知っている守備

メジャーリーグにおいてもゴールドグラブが発表された。日本のプロ野球において10度のゴールデングラブ賞

記事を読む

野球塾バッティング6

バッティング理論の説明の仕方

 バッティングの理論で、「上からたたく」「腰の回転で打つ」という言葉を耳にすることもあると思います。

記事を読む

naiyasyu1

プロ野球のコーチはこういうプレーを見逃さない!

 日野茂氏は中日ドラゴンズや西武ライオンズで内野手としてプレーし、その後、西武ライオンズや横浜ベイス

記事を読む

3rd-play

プレー解説:ノーアウト2,3塁、内野ゴロでランナーはどうする?

 野球でプレーをしていて、難しいもののひとつにランナーの判断があります。プロ野球でもライナーの判断ミ

記事を読む

ishige2

石毛宏典、日野茂がショートについて語る

現役時代、球界を代表する遊撃手だった元西武ライオンズの石毛宏典氏、中日ドラゴンズなどでショートを守り

記事を読む

sendai

トリプルプレーのパターンを検証する

4月22日の福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの試合でトリプルプレーが記録された。またニューヨークヤン

記事を読む

3rd-play

プレー解説:瞬時の判断と自然に動く体

元プロ野球ヘッドコーチの日野氏とYoutubeの佐野日大の田嶋大樹投手の動画見ていた時、田嶋投手の投

記事を読む

バッターボックス

消えるあいまいなプレーと審判の責任

 野球にかかわらず、柔道やレスリングなどでビデオ判定が導入されるなど、これまで審判によって判断されて

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑