*

石毛宏典氏の高校野球への提言

公開日: : 高校野球

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした。そしてその代表がJAPANのユニフォームを着て台湾で戦い、見事に優勝を果たした。

高校生にとっての晴れ舞台である憧れてきた甲子園、特別な場所は今年も暑くて厳しい戦いの中で、高校生がプレーしていた。

高校野球

週刊東洋経済の8月6日号にて高校野球の特集が組まれた。経済誌としての視点からの高校野球という事で興味深いものだった。その中で高校野球には、変わらないからこその価値、そして厳しい環境でプレーする事における価値が語られていた。今年夏の甲子園で、大会前のグラウンド練習で女子マネージャーがユニフォームを着て練習のサポートをしていたところ、高野連の関係者から注意を受け、ベンチへと下がっていったことが話題となった。

それも価値の一つといえる。これらの価値よってテレビでも高い視聴率を記録し、甲子園にも大勢の観客が詰め掛け、そして高校生たちも注目を集める。

しかし、石毛宏典氏は、「高校野球ってなんなのだろう」と疑問を呈する。

今年、駒澤大に入学した上野翔太郎投手は、昨年の夏の甲子園で中京大中京のエースとして3回戦まで勝ち上がり、その活躍で侍ジャパンU18代表入りすると、決勝のアメリカ戦でも5回1安打無失点と好投するなど注目された。しかし、駒大に来た石毛氏が上野投手を見ると、疲労で腕が上がらない状態になっていたという。現在は練習試合でも投げ始めているようだが、夏の甲子園の負担は大きなものだったことがうかがえる。

今年のU18アジア選手権でも、甲子園優勝投手の今井達也投手は明らかに疲労があり、フォームも崩れながらの投球となっていた。

高校野球への提言

変わらない事に価値のある高校野球に石毛氏は提言する。

「国体は甲子園の上位チームが中心に出場するのだから、甲子園は3回戦までにして、ベスト16からは秋の国体でやったらどうか?」と話した。

高校野球ファンやプレーをする高校野球の球児も、甲子園で頂点を目指す事に意味があると考え、この案にはいろいろな意見があると思う。甲子園で優勝投手になってもプロで活躍している選手もいる。しかし、夏の甲子園で負担がかかる選手もいる。

今は野球を続けるならば、高校野球は必ず通らなければならない道で、そうなると甲子園が唯一の目標となっている。しかし、例えばサッカーのユースチームのように、「国立」以外の道を目指す選択肢があっても良いと考える。

高校野球には間違いなく人々を感動させるものがあり、非常に価値がある。ただし、道はそれ1つではなく、選択肢を増やしてあげる事も必要だろう。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

fukuoka

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの

記事を読む

mound

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

バッターボックス

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

Koushien

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

Koushien

【センバツ注目選手】遊撃手編~その3~ 木更津総合・檜村篤史選手を元プロスカウトが評価する

 センバツ出場選手の評価シリーズ、今日は遊撃手編の最後として、木更津総合高校の檜村篤史選手を見てみた

記事を読む

Koushien

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

jingu

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

Koushien

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

新芽

この季節の高校野球、チームの形ができる時

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷め

記事を読む

Koushien

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

→もっと見る

PAGE TOP ↑