*

エースの系譜はあるのか?

公開日: : プロ野球

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると言われる。12球団の1980年代からのエースと呼ばれる投手を見てみた。

エースの系譜はあるのか?

1980年代から2010年代までの12球団のエースと呼ばれる存在を挙げてみた。

巨人は堀内、江川、斎藤、桑田、そして上原と球界を代表するエース投手が続いていた。現在は右のエース・菅野智之が存在感を見せ、左のエース・内海哲也も故障などがありながらも登板するとエースと呼ばれるピッチングを見せる。

巨人に執念を燃やしたのが阪神のエース、江川とのトレードとなった小林を始め、中西などがおり、低迷した時期にもマイク仲田、藪、井川といった存在がいた。現在はメッセンジャー、能見、そして藤浪晋太郎がいるが、藤浪に対してファンはもっと高い期待をしている。

中日にも星野から始まり、コマツ、山本昌、今中、川上とエースの系譜が続いていた。現在も吉見、大野という投手がいるのだが、故障などもあり期待に応えられていない。広島にも北別府、川口、大野、佐々岡、黒田、前田とエースの系譜が続いている。前田がメジャー移籍したもののそのメジャーから黒田が帰り、優勝をひた走っている。

横浜は1998年の優勝以降、三浦大輔が一人で支えている状況だった。今年は石田健大や今永、井納、そして山口俊が先発でようやくエースの風格を見せるようになった。ヤクルトは1990年代の川崎、石井、伊藤などのいた時代から、石川、館山の時代に引き継がれ、小川泰弘へと引き継がれようとしている。まだ小川が実力を出し切れておらず、昨年は優勝したものの今年は低迷し、真のエースになり切れていない。

パリーグではオリックスは阪急時代の山田、佐藤、今井、星野がいた時代が黄金期で、その後は長谷川などが支えたが小松などエースに手をかけながら故障などでなりきれなかった。今は金子がエースとして認められる存在になっている。ソフトバンクはダイエー時代の低迷期から、和田、杉内、斎藤といったエースが出てきて黄金時代に向かった。現在も武田と復帰した和田がエースとなっているが、黄金期に比べるとやや不安定になりつつある。

千葉ロッテは村田が支えて時期をへて、小宮山、伊良部、黒木などが出てきて強豪チームとなった。しかし清水、成瀬、渡辺といったエースがチームを離れてしまう。それでも石川がエースとして台頭し系譜を引き継いだ形となった。西武は1980年~90年の黄金期は工藤、渡辺久、渡辺智、石井丈、郭といったエースがローテーションを張った。その後も西口、石井貴、松坂大輔、涌井とエースが続いたが、松坂のメジャー移籍と涌井の放出により、そして後継と目された菊地がエースになり切れず岸が一人で支える状態となり現在の低迷となっている。

楽天の中に近鉄を入れてしまっているのは良くないが、鈴木啓、阿波野、野茂といったエースの系譜は岩隈が楽天へと引き継いだ。岩隈と田中将大のエースにより日本一になり、その後、則本へと引き継がれている。日本ハムはやや低迷した時期に西崎、武田、金村が支え、ダルビッシュ有へとつないだ。そしてダルビッシュの系譜は大谷翔平へと引き継がれている。

 

エースの系譜とは?

エースとは。

西武ライオンズの黄金期で工藤、渡辺久、渡辺智、郭、石井丈などを見ていた石毛宏典氏は、この中でエースだったのは渡辺久信だっだという。成績的には工藤や郭の方が良かったかもしれないが、たとえ10敗したとしても最後まで投げ切る力と責任感があったという。もちろん工藤も郭も責任感も気迫もあったのだが、渡辺久信が一番だったという。

その意味では田中将大や前田健太が他球団から見てもエースと認められたのは、成績ももちろんだが、その責任感においてエースと認められる存在だった。

次にエースの系譜とは。

例えば、このチームは伝統的に左のエースがいる、といったエースの系譜のようなものがあるように思える。それについて、西武ライオンズでコーチや編成をしていた日野茂氏に聞くと、「フロントのチーム作り」の影響によるものだろうという事だった。チーム作りは監督など現場の意見ももちろん入れるものの、フロントがどういうチームにしていくかを決め、それに基づいて選手を補強していく。フロントには基本的にそのチームのOBが多く、かつてのエースの存在感をイメージする事になり、似たようなタイプの投手を補強する事になるのではないかと思われる。

それはコーチ陣にも当てはまり、かつての自然とかつてのエースに近づけるような指導になってくる。ただしコーチは各球団を移動していくことが多く、必ずしもそのチーム出身ではない事から、やはりフロントという事になりそうだ。

今年の夏の甲子園は寺嶋成貴投手、藤平尚真投手といった注目投手がおり、大学野球にも田中正義投手というエースがいる。これらの投手をどこの球団が指名するのか、エースの系譜から予想してみるのも面白いかもしれない。

(Professional baseball view 編集部)

関連記事

110108_primary_800

オリックスの2015年のチーム構成

 昨年、パリーグの優勝をあと1勝の差で逃したオリックス、シーズンオフには本気の補強を見せています。今

記事を読む

挫折と栄光

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

バッターボックス

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

FA移籍

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

日本列島

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

新芽

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

バッターボックス

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

8

変わる背番号

プロ野球では新入団選手の発表が行われ、また他球団からの移籍選手や新外国人選手の入団なども続々ときまっ

記事を読む

ishige2

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、び

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑